洗濯

大学生のムスコは大学のオリエンテーリングサークルに所属している。
地図とコンパスを頼りに山の中を駆け回る競技だ。
週末になるとどこかの山へ出かけ、泥んこになって帰ってくる。

思えばムスコとアウトドアはこれまであまり結びつかなかった。
小学生のときは内向きの性格で、放課後に外で遊ぶことはあまりなかった。
中学生の頃は科学部に入るも一年で辞めてしまい、あとは帰宅部。
高校に入って入ったのは、バドミントン部。
言わずとしれたインドア競技。

着実に外向きになり、小学生の頃とは随分違う男子に成長して、頼もしくなってきたなぁと思う。

その代償(大げさな。。)が、洗濯だ。
週明けの月曜日または火曜日には、泥んこの洗濯物が。
週末が晴れていた場合は軽く予洗いするくらいでいいのだが、雨だった場合は。。despair

バケツに風呂の残り湯を入れてじゃぶじゃぶするが、泥はなかなかとれない。
風呂場でじゃぶじゃぶ→ベランダの排水口に泥水放流
を何度も繰り返す。
その後、洗濯機へ投入。
30分かかる。

これを朝にするので、週明けの朝はかなり忙しい。
なぜ朝かというと、ムスコが洗濯物を出す前にワタシは就寝してしまうからだ。
ま、夜に出されてもじゃぶじゃぶする気力はないので、やっぱり朝じゃぶじゃぶになるのだが。
たまーにムスコもじゃぶじゃぶしてくれるが、頻度としては半分もないかな。

でも、たまーにじゃぶじゃぶするあたり、大変なのもわかってくれてるのかなと思って、大目に見てあげてしまう甘めのハハなのだった。
それにしても、大人になってから泥んこ汚れを経験するとは。。think

洗濯

ウチの職場は、主婦ばっかりだ。
なので、おしゃべりのネタも家事の話題が多い。
話をしていると、人それぞれやり方がいろいろあって面白い。

先日は洗濯物の干し方で盛り上がった。

「干すときは、たたんでパンパンたたいてから干す。」
「ハンガーにかけた服はサイズの大きい順に並べて干す。」
「ハンガーの色分けをする。」
「シャツとシャツの間にタンクトップを干すと風通しが良い。」
「ハンカチは干す前に、ゆがみを直しておく。」
「全然、全く、そんなことは気にしない。」etc。。。

ちょっと話すだけでも、これだけの意見(こだわり?)が出てきた。

ワタシも洗濯物を干すときには、なんとなくマイルールがある。
干す順も場所もなんとなく決まりがあるし、ハンガーもなんとなく分けている。
洗濯物を取り込むときも、(これは娘の服とか、これはダンナさんのパンツとか)人別にたたみながら入れるし、どちらかというと人より決め事が多いような気がする。

でもそれは、決してワタシが几帳面だからではない。
干す順を決めておくと、取り込むときがラク。
全部取り込んでからたたもうとすると、場所もいるし、部屋が汚かったら×。
おまけに
「後でたたもう。」
なんて思ってしまったら、きっと洗濯物はたたまれることもなく、シワになってクチャクチャになってしまうのが関の山。
だから、いっそのことたたみながら取り込んでいる。
ズボラなワタシが、洗濯という家事を何とかこなすための知恵なのだ。

たまに娘が洗濯物を干したり、取り込んでくれたりする。
不思議なもので、ワタシのこの行動を見ているせいか、ビミョーに干し方やたたみ方の違いはあるけれど、ちゃんと同じようにやってくれる。
うれしい。heart02

3度のメシ

3連休。。。
休みの日って何が大変かというと、朝昼晩と食事を考えなければならないこと。
朝、ちょっとゆっくりしたいなあと思っても、みんなが起きてくるとトーゼン朝ごはんを要求される。

ちゃっちゃと朝ごはんを用意。
ワタシもゆっくり新聞なんかを読みながら朝食time。
食べ終わって、後片付けをして、洗濯して干して、やれやれ。。。
さて、昼食は何にしよう。。。

朝食はあまり量がいらないが、昼食はそこそこいる。
食べ盛りの子どもとまだ食べ盛りのダンナさん。
ちょっと前のように「うどんだけ」とか「焼きそばだけ」ができない。
まあ、うどんを1~2玉増やせばいいんだけど。。。

そして、次は夕食。
何だか最近、レパートリーが減ってきたんだろうか。
よく作るメニューのサイクルが短いような気がする。
暑くて創作意欲が湧かないのも理由の1つだけど、安くて量もそこそこあって(簡単で)おいしいものを。。。となると、少し選択は狭まるかもしれない。

食事に気をとられていると、今度は冷蔵庫のアイスと麦茶とビールはどんどんなくなっていく。
えっもうないの!?

平日は昼食は自分1人だから、何とでもできる。
パンだけとかでもOKだし。
でもきっとウチと同じような家族構成では、どこのおウチもこうなんだろうな。
みんなエライなあ。。。

きょうのメニュー

「きょうのご飯何?」
毎日聞かれるこの質問。
娘に聞かれ、息子に聞かれ、ダンナさんに聞かれ、また息子に聞かれ。。。
家族にとっては夕食に何が出てくるかは、大きな問題だろう。
ワタシも子どものときはそうだった。
しかし主婦となった今、ワタシはこの質問がニガテだ。

何がニガテかというと、メニューを言ったときのみなさんの反応。
好きなメニューならばみんな喜んでくれるけれど、そうでもないときは
「えぇーー。。。」
当たり前の反応なのだが、結構これがワタシにはコタえる。

野菜中心のメニューのときには娘が嫌がる。
魚がメインディッシュのときは、子どもが嫌がる。
冷蔵庫にあるものでテキトーに作るときは、ワタシもメニューを言えないのでみんなが困る。

「文句を言わずに食べなさあああい。」
とワタシがキレることもあるし、
「アレをこうしてああして、コレを入れるからおいしいから、食べてください。」
とお願いすることもある。

そりゃあ作る方としては、楽しくおいしく食事をしてほしいので好きなメニューばかりにしてあげたい。
でもワタシも手抜きしたいときもあるし、冷蔵庫のお掃除をしたいときもある。
お買い物に行き損ねることだってあるし、ワタシが食べたいものが子どもが食べたいものであるとは限らない。
いずれにしても、とにかく家族に満足して食べてもらえるよう、バランスも考えて。。。と、いろいろ頭を働かせているのには変わりはない。

料理って脳トレと同じくらい頭使ってるんじゃないかと思う。

ビンボー症

またまたカゼをひいた。
とにかく咳が止まらない。
1度咳をしようものなら、しばらく「戦い」だ。
朝トーストを食べると、パンが喉のあたりの水分を奪うのか、咳が出てくる。
誰かが面白いことを言おうものなら、笑いとともに咳まで出てくる。
横で見ている娘曰く
「死んでしまいそうな咳」
らしい。
もうお腹が筋肉痛。。。

こんな日くらいは夕食の準備とか、手抜きをしたい。
しかし、手抜きをするにはいろんな覚悟がいる。
冷凍食品はまだ何となく手を出せない。
チルドな食品もよくわからない。
ウナギや焼き鳥は中国産。
お惣菜を買うというテもあるが、育ち盛りの子どもたちのお腹を満たすためには、しっかり量もいる。
お財布と相談の結果、断念。
結局、「簡単なものを作ろう。」ということになる。
安全で、おいしくて(ワタシが料理上手というわけではなく、出来立ての食事はおいしいということ)、後ろめたさもない。

といいつつ、食べたいものを作ったらフツーの夕食だった。
一昨日は煮魚と味噌汁と納豆。昨日はハヤシライスとサラダ。
今日はほいこーろーと玉子スープ。
品数は確かにいつもより少なくて手抜きなんだけど、手抜きという意味では中途半端。
何だかビンボー症で、かなしいゾ。。。

冷凍食品

火曜日。
この辺りでは、あちこちのスーパーが安売りをする。
ウチから最も近いスーパーも特売日。
ほとんどの冷凍食品がお安くなる。

ぐるっと店内を周り、必要なものをカゴに入れ、最後は冷凍食品のコーナーへ。
ウチは今、家族のお弁当を作ることはないけれど、何かとあると便利な冷凍食品。
2,3品買って冷凍庫にストックしておこう。
どれどれ、きょうは何を買おうかな。。。
カゴに入れたのは、春巻きと、豚肉のごぼう巻き。

翌日の夕方。
TVでいつものバラエティを見ていたら、緊急ニュース。
この番組でめったに緊急ニュースを見ることがないので、何が起こったのかとTVに集中。

「冷凍ギョーザで食中毒。」

その後もニュースを見続ける。
「次の商品は食べないようにしてください。」
と報道されたその商品の中に、あった。。。
昨日買ったごぼう巻き。
しまった。
野菜や肉や魚や缶詰や乾物はちゃーんと産地をチェックするのに、冷凍の野菜も毎回ちゃーんとチェックするのに、おかずの冷凍食品はノーチェックだった。
あーあ。

きょう職場でもその話になったが、豚肉のごぼう巻きは結構人気商品のようで、
「この間、ダンナのお弁当に入れた」
人が数名いた。
幸い特に被害はなかったようだけど。

これで、しばらく冷凍食品が安心して食べられなくなった。
ウチもダンナさんが夕食いらないときは、冷凍のギョーザを焼いたりすることもある。
手抜き料理が1つ減った。残念。
そして、これから毎日スーパーで買う全食品に対してまずは疑いの目を向けなくてはならなくなった。とても残念。

過剰反応をせず、冷静にことのなりゆきを見守っていきたい。

材料たりない!

きょうの夕飯は麻婆豆腐。
お豆腐は昨日買った。ひき肉は冷凍庫にある。
にんにくも、生姜も、冷凍庫にある。
きざみねぎも、ある。

さあ作ろう!

ウチの麻婆豆腐は2種類。
娘用に甘口と、大人用(息子はこちら)に辛口と。
甘口は市販の麻婆豆腐の素を使う。
辛口は、中華スープの素と、豆板醤と、甜面醤を駆使して作る。
確か、麻婆豆腐の素はストックがあったはず。。。あれ?
ないぞ。。。ストックがあったはずというのは、どうやら勘違いだったようだ。
困った。どうしよう。。。

ええい、仕方がない。自力でがんばることにしよう。
どうせ大人用はいつも自力でがんばっているのだ。
豆板醤の量をちょこっとにすれば、何とかなるだろう。練習練習。

と思ったら、なんと!甜面醤もない!!!
ああどうしよう。ワタシとしたことが。。。

でもまだワタシはメゲない。
冷蔵庫にペタンと貼ってあるメモの中から1枚抜き出す。
そこに書いてあるのは甜面醤の作り方。
ちょっと前にTVのお料理コーナーで見たので、すかさずメモしておいたのだ。

赤味噌1:みりん1:ゴマ油1

この3つはちゃんと家にあった。よかったよかった。
このメモのおかげで甜面醤は自己調達でき、無事に麻婆豆腐2種類を作ることができた。
思ったよりおいしくできて、満足。
娘用はまだ豆板醤が少し多かったみたいで、辛かったらしいけど。

それにしても。。。
結果オーライでよかったけれど、やっぱりワタシの注意力が足りないかったのは反省。
ちょっとひどい忘れ物だった。しょぼん。

ポテトグラタン

きょうは息子の好き嫌いの話。
息子は娘に比べると食べ物の好き嫌いは少ない。
ワタシやダンナさんが
「これ、おいしいから食べてみ。」
と勧めるものはたいてい口にする。
おかげで、おいしいものをよく知っている。

しかし、息子は乳製品全般が苦手なようだ。
牛乳は学校の給食でかろうじて飲む。家ではコーヒー牛乳にしてなんとか飲む。
ヨーグルトはブルーベリー入りのものなら食べる。
チーズはもう、全く×。
息子の隣で娘がチーズトーストを食べるのもツライらしい。

きょうは、買い物に行くのがだるかったので、冷蔵庫にあるもので夕食を作ることにした。
生鮭が少し冷凍庫にある。しかし、メインディッシュになるほどの量はない。
野菜は。。。タマネギ、じゃがいも、にんじん、キャベツ、タケノコの水煮、etc。。。
頭をフル回転させる。
どうすればカタチになる夕食にできるだろう。。。
やっぱり買い物に行かなきゃだめかな。。。

結局、ポテトグラタンに決めた。
牛乳もある。小麦粉もバターもある。とろけるチーズもある。
最近グラタン食べてないし、食べたいな。
でももちろん、息子は苦手だ。

それでもいつもは少しくらいなら食べてくれるのだが、きょうは「いらない」と言われてしまった。
結局、きょうの息子のごはんのおかずは、厚揚げとタケノコの煮物のみ。
と、思ったら冷凍庫にあじのみりん干しを発見。
なんとか、無事買い物に行かずに夕食ができた。めでたしめでたし。

ちなみに、一応息子用に作ったグラタンはワタシが食べました。
たらふくグラタン食べて満足。(^O^)
カロリーは少々気になるけれどね。

掃除機

ウチの掃除機は古い。
結婚してからずっと使っているので、もう13年。
吸引力がないし、紙パックを替えてもニオうし、電源コードは出した位置でとまってくれないし。。。
なので、最近では掃除は100円のほうきとちりとりと、クイックルワイパーで済ませることが多かった。
でもやっぱりそうは言っても掃除機は要るかな。
いい加減、買い換えよう。。。

買い換えるに当たっての条件。
○紙パックがいらない。
○さっと出せてさっとしまえるスタンド方式のもの。

しかし、電気屋さん曰く
「スタンド方式のものは、(そうでないものに比べて)吸引力に欠ける」
らしい。
吸引力を取るか、手軽さを取るか。。。

電気屋さんの話を聞けば聞くほど、吸引力がある方が長い目で見るといいかなと思ったので、結局、吸引力のあるパワーブラシの掃除機を購入した。
紙パックもいらない。でも、紙パックを使用することも可。
買った日は残念なことに在庫がなかったので、後日お届けしてもらった。
早速組み立ててお掃除。
今までとは少し違う感触。新しいモノっていいなあ。。。(^。^)
家中ひととおり掃除機をかけた後、中のダストボックスを取り出した。
1回の掃除でどれくらいのゴミが集まるのだろう。。。

ものすごい量のゴミが現れた!!
ダストボックスの3分の1くらいはあっただろうか。
たった1回の掃除なのに。。。(・・;)
掃除機をかけたのは夕方。
確かに、その日は朝から掃除機をかけていなかった。
おまけにこの2,3日は掃き掃除ばかりだった。それも見えるところだけ。。。
軽~いショックを受けた。
家の中ってこんなに汚れているのか。。。
もう少しちゃんとお掃除しないといけないようです。。。

梅酒

梅酒の季節だ。
ウチも2年に1度の割合だけど、つけている。
毎年つけるほど飲まないし、かといって、ないとなんだかさみしい。
夏場のちょっとだるいときなんかに飲みたくなったりするのだ。

梅酒をつけるときは、氷砂糖の量をどれくらいにするか、いつも考えてしまう。
梅の入っている袋に記載されているレシピ、ホワイトリカーに記載されているレシピ等々あれこれ参考にするのだが、不思議とどれもこれもばらばらだ。
少ないものは200g、多いものは1kg~1.5kg。。。どないなん!!
。。。要するに、「自分の好きな甘さでどうぞ。」ということなのだろうと最近やっと気付いた。

ワタシは甘すぎず、かといって(梅酒に関しては)甘くないのもものたりないので、ここ2,3回は700~800gくらい入れている。
(もちろん、梅は1kg、リカーは1.8リットルです。)
今年は、はちみつ梅酒に挑戦。
でも、全部はちみつにして失敗したら悲しいので、氷砂糖と半々の量にした。
はちみつ梅酒というよりは、はちみつ風味梅酒かな。
どんな風にできるのだろう。。。できあがるのが楽しみだ(^-^)。

ブランデーなんかでもしてみたいけど、そんなに梅酒ばかり飲むわけではないので、一度市販のものを試してみてから、来年にでも、挑戦しようかな。
梅のシロップなんかもやってみたい。黒酢につけるのも何だか夏場には体によさそう。。。
でも、ここらへんは作るだけで終わってしまいそうなので、なかなか一歩が踏み出せないワタシなのだった。

より以前の記事一覧