子どもとパソコン(娘編)

息子はもう当り前のようにパソコンを使いこなしているが、娘はというと。。。

娘のパソコンデビューは息子よりは遅かったと思う。
が、兄とよく遊ぶ妹がパソコンに触れる機会は息子と同じくらいある。
とっかかりはやはり、お絵かき、ゲームだったろうか。
それと、メモ帳にあれこれメモ。
ゲームの進み具合だったり、娘独特の文章だったり。
静かに、集中して画面に向かっている。

しかし息子のときもそうだったが、だからといってパソコンで遊んでいる間、ワタシは子どもから開放されるわけではない。
「『しゃ』はどうやって打つの?」
「小さい『つ』はどうするの?」
しょっちゅう質問される。ゆっくりはできない。
いちいち呼び出されるのも面倒なので、A4用紙にローマ字表を作ってパソコンの横にじゃじゃーんと貼り付けた。
おかげで、ワタシは子どもがパソコンをしている間、隣でゆっくりTV見たりできるようになった。
ついでに子どもは2,3年生にしてローマ字も覚えた。

最近ではワタシや兄の様子を見て
「私もブログやりたい!」
という。
でも不特定多数の人を相手にするブログなんかは、まだ早いかなと思ってさせていない。
息子がHPを立ち上げるときは、そこら辺のことはよおく注意した。
ネットの怖さなんかも教えたつもりである。息子も心得ているだろうと思う。
まだ、娘はその辺は??かな。だから、もうちょっと大きくなってからね。

だから、最近では息子のHPにゲスト出演させてもらっているようである。
娘のページを作ってもらって、今やっているゲームの進み具合とか、書いているようだ。
息子の作っているゲームをまねて作ったり、簡単なHTMLを教えてもらったり、本当に兄が先生である。
(そういえば昔、ひらがなもワタシではなく息子に教わっていたような。。。(^^ゞ)

そのうち、娘にも追い越されちゃうかな。。。

子どもとパソコン(息子編)

ワタシはパソコンを使って仕事をしている。
職場でできなかった仕事を家へ持って帰ってやることもある。
そういう融通がきくので、子どもが学校を休んだとき、夏休みなんかは在宅ワーカーとなる。

仕事だけでなく、カレンダーを作ってみたり、手帳のレフィルを作ってみたり、簡単な家計簿をつくってみたりと生活にパソコンは大活躍している。

そして、ダンナさんは某コンピューターメーカーのSE。
そんな環境なので、ウチの子どもたちもパソコンに何の抵抗もなく触れている。

息子のパソコンデビューは小さい頃だった。
赤ちゃんのときに、101匹わんちゃんのスクリーンセイバーを見せるところから始まった。
その次はペイントソフトを使ってお絵かき。

3歳くらいだったかなあ。あまりにも熱中していたので、
「そろそろやめなさい!(ちょっと怒り気味)」
と注意したら、あわてて、でも慣れた手つきでスタートボタンからちゃんとパソコンを終了させて電源を切った(3歳なのに)。
あまりの早業にびっくりした記憶がある。

小学校2、3年生くらいになると、ネットで検索するということを覚えた。
自分の遊ぶゲームについて検索し、情報をGETする。そしてネットサーフィン。
あわててフィルタリングのソフトを入れた。

そして今は息子は宿題の調べ物にネットを使う。
調べた結果をプリントアウトして、学校へ持っていく。
最近では、自分でゲームを作るサイトを見つけてきて、自分でゲームを作って、HPを開設して公開している。評判も良いらしい。
ワタシが勉強しようと思って買ったHTMLの本を駆使してあれこれやっている。(ワタシの勉強は止まっている。。。(T.T))
ブログもあって、ワタシも一読者となっている。

息子が小さい頃、小学校6年生の子がHPを作って。。。なんていう話を聞いたことがあった。
「そんなことを小学生ができるのか??」
と思ったが、できるようである。

子どもって、スゴい。