« タティングレースその2 | トップページ | タティングレースその3 »

パクチー

先日、急きょ仕事がお休みになったので、梅田ぶらぶらに出かけた。
グランフロントの無印良品でぶらぶら。
そして、久しぶりに併設のカフェでお昼ごはん。

好きなおかず3品とご飯(パン)&みそ汁(スープ)をオーダー。
こういう場合、ワタシは普段食べないもの、家では作らないものを基準にメニューを選ぶ。
自分がいつも家で作るものが、よそではどのようになっているのかを確かめたい気持ちもたくさんあるのだが、それよりも目新しいものに興味がわく。

この日ワタシはおかずのひとつに
ささみの○○ソース和え(?)
みたいなものを選んだ。
東南アジア風の新しいメニューらしい。

注文をすると、店員のお姉さんに
「パクチーが入っていますが大丈夫ですか?」
と尋ねられた。

入っているといってもそんながっつり入ってるわけでもないので、「大丈夫です」と答えて普通に盛り付けてもらったのだが、ここでワタシの中でひとつ?が。

「どうしてパクチーが入っていると、大丈夫かと聞かれるのだろう?」

思うに、パクチーは大丈夫かというという問いはよくある気がする。
パクチーの好き嫌いは結構分かれるようなので、嫌いな方にとってはありがたいことだと思う。
でも、他の食材であまりこういう質問はされない。

そういうワタシも香草系は少し弱いのだが、
「ネギは大丈夫ですか?」「しょうがは大丈夫ですか?」
と聞かれたことは一度もない。
少量なら平気なので、普通にいただくのだが、なぜパクチーだけ特別扱い(?)なのか、ふと思ったので。

« タティングレースその2 | トップページ | タティングレースその3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タティングレースその2 | トップページ | タティングレースその3 »