« かかせないもの | トップページ | オーストラリア研修 »

修了式

先日、子どもたちの通う中学校で修了式が行われた。

中高一貫校なので、修了式は3年生の卒業式も兼ねていて、この日に卒業証書も渡される。
修了式は、広い会場で行われ、保護者席も設けられている。
保護者の出席は自由。
3分の1位の出席率らしいのだが、何ともビミョーな数字。
学校も、「来てください」とも「来なくてもいいですよ」とも名言していない。

息子も中3で、この日で中学生活は終わり。
正直、高校受験もなく自然に高校生になれるので、特に感慨もなかったし、卒業式や入学式もないものかと思っていた。
なので、この学校のスタンスは何とも困った。
「来てほしい」のか「来てほしくない」のか。
「行った方がいい」のか「行かなくても本当に大丈夫?」なのか。。。

でも改めて考えると、この日で義務教育は終わる。
学校は正式に卒業ではないけれど、一般的には卒業なのだ。
祝ってあげなければ。

ということで、出席することにした。

学校からの案内のお手紙には
「『1,2年生が3年生を送る会』と位置付けて、3年間のスライドショーがある」
とあったので、あまりおカタくない式だろうと勝手に想像して、あまり正装せずにフツ―のジャケットとパンツで出かけたのだが、会場へ着いてみると!
結構出席している保護者は多く、ほとんどがちゃーんと正装している。
一応ジャケットとパンツと白いシャツは着ていたけれど、アクセサリー類は一切していなかったし、靴もヒールではなかったので、ちょっと恥ずかしかったかな。。。

式はつつがなく終わった。
特に必ず行かなければ!という式でもなかった。
学校が出席を名言しないのも、何となくわかる気がした。

それにしても、4月からは息子も高校生。
ありきたりだが、本当に早い。
遅めのスタートをきった中学受験を乗り越え、入学したのはもう3年前。
楽しく中学生活を送っている息子を見ていると、この学校にしてよかったと本当に思う。
引き続き同じ学校で、ほとんど同じクラスメートで高校生活を送ることになる。

中学の3年間と違い、高校の3年間は「大学受験」というハードルが待っている。
でも、高校3年間の本当に貴重な時間を、難しい勉強と、楽しい何かと、バランスをとって楽しんでほしいと思う。

« かかせないもの | トップページ | オーストラリア研修 »

子育て(中学生)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かかせないもの | トップページ | オーストラリア研修 »