« 2011年2月 | トップページ | 2013年7月 »

修了式

先日、子どもたちの通う中学校で修了式が行われた。

中高一貫校なので、修了式は3年生の卒業式も兼ねていて、この日に卒業証書も渡される。
修了式は、広い会場で行われ、保護者席も設けられている。
保護者の出席は自由。
3分の1位の出席率らしいのだが、何ともビミョーな数字。
学校も、「来てください」とも「来なくてもいいですよ」とも名言していない。

息子も中3で、この日で中学生活は終わり。
正直、高校受験もなく自然に高校生になれるので、特に感慨もなかったし、卒業式や入学式もないものかと思っていた。
なので、この学校のスタンスは何とも困った。
「来てほしい」のか「来てほしくない」のか。
「行った方がいい」のか「行かなくても本当に大丈夫?」なのか。。。

でも改めて考えると、この日で義務教育は終わる。
学校は正式に卒業ではないけれど、一般的には卒業なのだ。
祝ってあげなければ。

ということで、出席することにした。

学校からの案内のお手紙には
「『1,2年生が3年生を送る会』と位置付けて、3年間のスライドショーがある」
とあったので、あまりおカタくない式だろうと勝手に想像して、あまり正装せずにフツ―のジャケットとパンツで出かけたのだが、会場へ着いてみると!
結構出席している保護者は多く、ほとんどがちゃーんと正装している。
一応ジャケットとパンツと白いシャツは着ていたけれど、アクセサリー類は一切していなかったし、靴もヒールではなかったので、ちょっと恥ずかしかったかな。。。

式はつつがなく終わった。
特に必ず行かなければ!という式でもなかった。
学校が出席を名言しないのも、何となくわかる気がした。

それにしても、4月からは息子も高校生。
ありきたりだが、本当に早い。
遅めのスタートをきった中学受験を乗り越え、入学したのはもう3年前。
楽しく中学生活を送っている息子を見ていると、この学校にしてよかったと本当に思う。
引き続き同じ学校で、ほとんど同じクラスメートで高校生活を送ることになる。

中学の3年間と違い、高校の3年間は「大学受験」というハードルが待っている。
でも、高校3年間の本当に貴重な時間を、難しい勉強と、楽しい何かと、バランスをとって楽しんでほしいと思う。

かかせないもの

我が家にかかせないもの。

●菓子パン
娘の朝食用。朝早く家を出なければいけないのに、早起きが苦手な娘。
トースト1枚食べる時間さえない。
でも、朝何かお腹に入れないと。
菓子パンなら何とか食べられるようなので、我が家にはかかせない。
そして息子のおやつ。
学校から帰って、お腹激ヘリの彼は、少々のお菓子などでは満たされない。
少しでもお腹を膨らませるには、やっぱりパン。

●チョコレート
元々ワタシがチョコレート好きなので、子どももそうなってしまった。
みんなで食べるので、もっぱらお徳用の粒チョコを購入することが多い。
仕事から帰って、一粒。
勉強前に、一粒。
おやつにも、一粒。
甘いものは、人をやわらかくする。食べ過ぎに注意しなければいけないけど。

●柿の種
ウチの子たちは、小さい頃から柿の種が好きだ。
お徳用の子袋のものをほぼ毎日のおやつに食べるので、すぐになくなる。
でも、不思議と誰も飽きない。
恐るべし、柿の種。

連日の。。。

今おさわがせのニュース。
大学入試のアレ。きょう予備校生がタイホされたようです。

このニュースの第一報を聞いて
「なんとけしからんヤツだ!!!」
とワタシも思いました。
カンニングして合格されたら、一生懸命勉強しているコたちは一体どうすればいいのだと。
そんなことして合格しても、どこかで報いがあるゾ。

でも、なのです。
このマスコミの白熱の仕方を見ていて、ちょっと覚めてきました。
どのTVもどうやってやったのかとか、本当にできるのかと検証し始めています。

なんだか、殺人犯でも探しているような勢いで。。。

愉快犯なのだったらともかく、純粋に追い込まれた若者なのだったら、こんなに大騒ぎされて、殺人犯のような扱いをされて、どんなに傷ついちゃうだろう。

どうして日本のマスコミって、こんなんなのだろう。
よってたかって、ひとりをいじめているみたい。
「入試で不正がありました。絶対いけません!!!」
と一言ビシッと叱って、あとはしかるべき人にまかせて、後日淡々と事実を伝えてくれればいいのに。

本人も反省してるようだし、もうあまり個人攻撃はしないでほしいかな。
もちろん、2回目は言語道断だけど。

« 2011年2月 | トップページ | 2013年7月 »