« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

卵焼き

「『どう調理してもいらない』と言うようになるよ」
これは前の職場の方が言っていたことば。
何のことかというと、お弁当の卵のことだ。

最近息子がお弁当の卵焼きを残すようになった。
お弁当箱を洗おうと、ふたを開ければ、ヤツはそこにいる。
とはいえ、卵とじにしたり、ウィンナーと炒めたりしたときは、そこにはいない。
ノーマルな卵焼き、またはノーマルに近い卵焼きがちょこんとそこにいるのだ。
若干他のおかずの影響で変色してたりして、なんともせつない。。。

「時間がなかった」
と息子は言う。食べるのが遅い方なので、それもあるだろう。
結構昼食タイムは短いらしいのだ。

でも、やっぱり飽きてきたのかな。。。と思ったりする。
最近のお弁当は、ちょっとパターン化してきているからなあ。。。
もっと、工夫しなさいということなのかなあ。。。

しかし、娘は卵はノーマル卵焼きがいちばんいいという。
息子に合わせてノーマル卵焼きを作らないわけにはいかない。うう。。。

ワタシは毎朝30分弱で息子と娘とワタシのお弁当を作らなければならない。
朝から卵料理を2種類作るのはキビしい。
ただでさえ容量の多い中3男子のお弁当箱。
卵のぬけた穴は大きい。。。

朝もっと早起きするか、前夜に頑張って一品作っておくか。。。
いずれにしても、パワーいるな。

悩んでみたものの、2学期の授業はきょうでおしまい。
お弁当も今年はおしまい。
とりあえず、来年まで、お休みだ。ほっ。

ニードルフェルト

最近特に変わったこともないので、こんなものを。

20100818083123

「おつまみセット」という名で売られていた手作りキットです。

フェルトの原毛を先がギザギザの針でちくちくして作りました。
形を整えてちくちくするだけ。
顔やストラップをつけなければ、本当に糸や針も使いません。
単純な作業なのですが、ちくちくし始めると何だか止まらない。
娘とふたりでずーっとちくちくしてました。

少し原毛が残ったので、アレンジして何か作れそう。
と思ったのですが、最近ものすごくフットワークが悪くなってしまって、未だ作らず。

こうして、家にはキットの残骸がたまっていくのです。。。

もしや。。。

先週体重計に乗ったら、なんと!1.5kg増えていた。
祭日もあったし、食べすぎたという自覚も少なからずあった。
そしてもっとびっくりしたのは体脂肪が2%も増えていた!!!

数日後に測ると、あまり変化はナシ。
体重は少し落ちたけれど、体脂肪が減っていない。。。
いつもなら、少々増えてもすぐに戻るのに。

なんとワタシは学生の頃からほとんど体重が変わっていない(エッヘンscissors)。
重力には逆らえないので、下半身のサイズは多少変わっているけれど。。。weep

週末は土曜日も日曜日も1.5~2時間はみっちり運動だってしている。
通勤だって、駅までは自転車には乗らず、歩いている。
食べる量もそんなに変わらない。

なのに、どうしていきなり増えて、戻らないんだろう。。。

ということを母に言ってみたら
「それは更年期の始まりかもしれない。気ィつけや。」
と言われた。

更年期。。。shock
更年期って、閉経の前後10年ほどというのをどこかで聞いたことがある。
少し早い気もしないではないが、あってもおかしくないっちゃあおかしくない。

いつかは来ると覚悟していた更年期。
覚悟はしていても、いざ来たのかもしれないと思うと、なんだかショック。
じわじわと効いた一言なのだった。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »