« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

春の行楽

春休み。
何だか今年はいつまでも寒いし、雨が多いしだけど、たまにはどこかへ行きたいなあ。
で、計画を練ってみた。

①1泊でどこかへ行く。
去年の夏も結局どこへも行かなかったので、春休みには一泊でどこかへ行こうと言っていたのだが、娘は卒業式に入学式、息子は1週間の補充授業で自由な日が少ない。
おまけに、ワタシは仕事を始めたばかり。
卒業式、入学式とその前日は休むことになっているので、あまりたくさん休むのもちょっと。。。
そしてダンナさんの仕事も忙しいのも重なって、結局1泊旅行は断念した。

②じゃあ日帰りで。
土日のおでかけは基本的に混むので、ウチはしない。
平日に大人が休みをとる。昔からそうしている。
ダンナさんは仕事なので、ワタシがもう1日お休みをもらおう。

さて、どこへ行こう。
春の京都なんかもいいな。
でも、娘の小学校の卒業遠足が京都だったので、
「京都じゃない方がいい」
という意見が。

結果、神戸方面へ行くことが決定。
ワタシも長いこと行ってないし、神戸なら何とか子どもたちをご案内できる。
1日で、中学生男子も小学生(もう半分中学生だけど)女子もオトナの母も楽しめるところ。。。

かなり悩んだ。
神戸って、どちらかというと女子のイメージ。
本当に、当日出かける10分前まで悩んだ。

(続く)

卒業式

娘の小学校の卒業式があった。
天気は残念ながら、雨。
しかも寒い。
思えば、娘の学年行事には結構雨がつきものだった。
娘は基本的に晴れ女なので、雨男・雨女が多かったのかな。

会場は体育館。
卒業証書を渡すメインの舞台が体育館の真ん中に配置された一風変わったスタイル。
卒業証書がひとりひとりに手渡され、校長先生やPTA会長さんの話があって、お別れの言葉。
6年生全員が体育館前方の舞台に立ち、長い文章を一言ずつ区切って全員で話す。
よくあるヤツです。

合間に歌が2,3曲はさまれ、演出としてはなかなか泣かせる。
実際に目頭を押さえる親御さんもわりといらっしゃった。
ただ、ワタシは歌の難易度が難しいように思えて、ちょっと感動しきれなかった。
もう少し簡単で歌いやすい歌をしっかり歌う方が感動的な気がするのだけど。。。

式が終わり、子どもたちを送りだしたあとは、それぞれ写真をとったり先生とおしゃべりしたり。
大抵の子どもは同じ中学に通うことになるのだけど、ウチも娘と仲の良い友達も残念ながら別々の中学へ進学する。
ひととおり写真をとって、「またねー」ってあいさつして、後は自然に解散。

でも、今の子にはケータイという文明の利器がある。
帰ってからもメールをし、翌日には一緒に遊んでいる。
本当に小学校卒業って、通過点に過ぎないなぁと思った。

そして、とうとうウチには小学生の子がいなくなった。
子どもの成長はうれしい。もう中学生なのだ。
4月からの新しい生活にワクワクもする。
でも。。。少ーーーしだけ、さびしい気持ちもあるかな。

Last Lesson

昨日は息子の中学校の修了式。
来週は娘の卒業式。
3月ならではの行事が目白押し。
そして、もうひとつ卒業するものが。

きょうで、娘はピアノのレッスンを終えることになった。
中学生になると、今の時間にレッスンに通えなくなる。
曜日や時間を代えてもらうということもできるけれど、クラブ活動を始めるつもりでいるので、多分両立は無理だと判断した。

ピアノのレッスンを始めたのは幼稚園の年中さんのとき。
幼稚園での放課後レッスンに入ったのがきっかけで、先生とはそのときからのおつきあいとなる。
小学校にあがるとき、先生が変わるのも気がすすまなかったので、そのまま先生のいる教室へ。
で、6年たった。
合計8年!!これはすごい。

8年の間にはもちろんいろんなことがあった。
息子のドラムとセッションをし、コンクールでは失敗も味わった。
先生は途中で結婚して名前が変わった。
実はその先生もきょうで今の教室はお辞めになる。
お互いいいタイミングだったのだ。

最後のレッスンの締めくくりにワタシも教室へ入って娘の演奏を聴いた。
曲はモーツァルトの「トルコ行進曲」。
まだスラスラ弾けないけれど、8年たってこの曲を弾けるようになったんだなあと思った。

ピアノのレッスンには通わなくなるけれど、ときどきピアノには触ってほしい。
クラシックでも、流行っている歌でも何でもいいから、ときどき鍵盤をたたいてほしい。
だって、ピアノが弾けるって楽しいことだと思うから。
幸い(?)、ウチにはワタシが自分で練習しようとせっせと集めた楽譜もあることだし。

ツイてない日

きょうは月曜日。
1週間がんばりましょう。
。。。と朝、家を出て10分。
最寄りの地下鉄の駅に着くと。。。

「ポイント切り替えの故障で、運休しています」

の張り紙。
一瞬?だった。そっか電車動いてないのか。。。
って、仕事は???

一瞬
「休んじゃおうかな」
とも思ったけれど、何となく休む気分にもならなかったので、とりあえず職場へ向かってみることにした。
代替バスが出ているということで、地下鉄の駅のそばを走るバス停へ。
ものすごい人が並んでいる。
しかも来るバスは既にすし詰め状態。
こりゃ、ダメだ。いつ乗れるかわかったものではない。

あきらめて1駅歩いて、別の路線を利用することにした。
どうせ遅れるのだし、ぼちぼち行こう。
2駅歩かなければならなかったら、きっと職場へ行くのはあきらめていたと思う。
結局、20分遅れで職場へ到着。
思ったほどダメージはなし。

でも、きょうは全体的にツイてなかった。
途中で買ったのどあめが全くおいしくなかったし、仕事上での心配ごとも1つ増えた。
そして、夕食にとゆがいたアスパラガスは筋だらけだった。

ま、こんな日もあるでしょう。
明日はもちょっとマシな1日でありますように。

制服

先週、娘の入学する中学校の制服を受け取りに行った。

持って帰って、早速試着。
紺のブレザー、チェックのスカート、黒いハイソックスに皮の靴。
制服も体操服もSSサイズだけど、着てみると見事に中学生だ。
見事に娘に似合っていて、もうすぐ中学生だなあとしみじみ。
ちょっぴり大き目なのが初々しい。

逆に小学校の制服はぴっちぴち。
なんとスカートは6年間同じサイズ!!
ひどく服を汚すこともなく、破損することもなく、ぐーんと成長して着られなくなったりすることもなく。。。で6年間も着ることができてしまった。
ちなみに、上着は息子のお下がり、ブラウスも買い替えたりしている。
6年間着たスカートは、さすがにプリーツは崩れてきているし、丈もミニ。
本当にご苦労さんでした。
Cocolog_oekaki_2010_03_09_20_58 Cocolog_oekaki_2010_03_09_21_03

    小学校                 中学校

思わぬお届け物

きょう荷物が届いた。
身に覚えがなかったけれど、開けてみると何となく思い出した。
そういえば、応募したような。。。

20100305205417
大きなグリコの箱にお菓子がいっぱいlovely
うれしいお届け物でした。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »