« チョコレート | トップページ | バンクーバー »

携帯電話

ウチの子どもたちは携帯電話を持っていない。
息子は別にいらないと言うし、娘は中学生になるまで買わないと決めているからである。
その娘ももうすぐ中学生。
受験も終わり、あとは中学生になるのを待つばかり。

ケータイが欲しくて仕方がない娘は
「いつ買ってくれるの?」
と事あるごとに聞いてくる。
中学生になったらという約束はしているのだから、ワタシとしてはちゃんと買ってあげるつもり。そんなにあわてなくてもいいのに。

とはいえ、中学生になると今の友だちとは学校も違ってしまうので、小学生の間に買ってアドレスの交換をしておくのもいいかな。
そう思ったので、先日とうとう携帯電話を買いに行った。
となると、息子ひとりが持っていないということになって、それも不自然な気がしたので、息子にも買うことにした。
きっとあればあったで使うに違いないのだ。

まずは、近所のショッピングセンターへ。
もう娘はテンションが最高潮に達している。
しかし、かなり前からチェックしていた機種が「入荷未定」となっている。
ここで娘のテンションは急降下。どーんと落ちこむ。

しかし、ケータイを売っているのはここだけではない。
徒歩10分ほどのところにもショップがあるじゃあないか。
そこへ行って、それでもなかったら、入荷を待つか別の機種にするか考えればいいんじゃないの。

ということで、そのままショップへ。
特にケータイにこだわりのない息子はそこまでつきあうのは面倒なようだったので、好みを聞いて帰宅させた。
ショップへの道すがら、娘のテンションは下がりっぱなし。

ショップにはちゃんと娘の希望の機種があった。
娘のテンションはまたまた急上昇。
いやあ激しい。疲れるぞ。
息子の機種も勝手に決めて、さあお手続き。
しかし。。。
店員さん「息子さん本人の確認をさせていただきたいのですが。。。」

家へ帰した息子を再び登場させ、何とか無事に購入完了。
娘は早速ケータイにデコレーションを施した。
息子も「使いこなせない!」といいつつ、まんざらでもない様子。

中学校ではケータイの携帯は禁止なので、そんなに使いすぎるということはないけれど、ちゃんとルールを決めて、暴走しないようにだけしなければ。。。
もちろんフィルタリングもしたし、できる範囲のことはしたけれど、ケータイのトラブルはそれでも心配。
大人だってトラブルに巻き込まれることは十分にあるのだ。
ワタシも気軽に子どもたちとメールしたりするのは楽しみだけど、ひとつ心配ごとも増えてしまったなあと思ったりもする。

« チョコレート | トップページ | バンクーバー »

子育て(小中学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコレート | トップページ | バンクーバー »