« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

バンクーバー

ついこの間オリンピックが始まったと思ったら、残すところあと2日。
2週間ってあっという間だったなあ。

さて、そのバンクーバーなのだが、実はワタシにとっても思い出の地。
人生の転機となったと言っても言い過ぎではないのだ。
きょうはちょっと思い出話。

大学3年生の春休み、ワタシはバンクーバーで3週間ホームスティをした。
大学主催の行事で、希望者は入学時から資金を積み立てておく。
希望の大学に合格できなくて浪人することも考えていたのだけど、予備校代を出すのならこっちに使う方が勉強になるんじゃないかと思って、親にお願いをして積み立ててもらった。

バンクーバーではブリティッシュコロンビア大学で毎日英語のレッスン。
クロスワードをしたり、ビリージョエルの歌の歌詞を解釈したり。
休日はダウンタウンへ行ったり、ツアーでウィスラー山でスキーをしたり、地元のアイスホッケーの試合を観に行ったり。
乗馬を初めてしたのもこの時だし、コーヒーをブラックで飲めるようになったのもこの頃。

一番の感動はひとりでバスに乗って、目的地(マクドナルド)へ行けたこと。
バスの運転手さんに乗り換えポイントを教えてもらい、何とかたどり着いた。
とてもうれしかったのを覚えている。
そして、たどたどしい英語でも何とかなる!というのを肌で感じたのもこのとき。
これはやっぱり現地で体験しないとわからないことだと思う。

またいつか絶対にバンクーバーへ行くぞ!と思って帰国したものの、結局実現せず。
人生の中でたった3週間しか暮らしていなくて、細かいことは忘れてしまったりしているけれど、TVでバンクーバーの様子が映し出されると何だかすごくなつかしい気分になる。

とにかく書き出すとキリがないくらい、いろんな事を思い出す。
本当に凝縮された3週間で、ワタシの中で何かがふっきれた3週間。
「外国カブレしている」
なんてイジワルを言う人もいたけれど、帰国後に
「何だか変わったね。明るくなった。」
と言われるようになったし、やっぱりワタシにとっては、大切な大切な思い出なのだ。

携帯電話

ウチの子どもたちは携帯電話を持っていない。
息子は別にいらないと言うし、娘は中学生になるまで買わないと決めているからである。
その娘ももうすぐ中学生。
受験も終わり、あとは中学生になるのを待つばかり。

ケータイが欲しくて仕方がない娘は
「いつ買ってくれるの?」
と事あるごとに聞いてくる。
中学生になったらという約束はしているのだから、ワタシとしてはちゃんと買ってあげるつもり。そんなにあわてなくてもいいのに。

とはいえ、中学生になると今の友だちとは学校も違ってしまうので、小学生の間に買ってアドレスの交換をしておくのもいいかな。
そう思ったので、先日とうとう携帯電話を買いに行った。
となると、息子ひとりが持っていないということになって、それも不自然な気がしたので、息子にも買うことにした。
きっとあればあったで使うに違いないのだ。

まずは、近所のショッピングセンターへ。
もう娘はテンションが最高潮に達している。
しかし、かなり前からチェックしていた機種が「入荷未定」となっている。
ここで娘のテンションは急降下。どーんと落ちこむ。

しかし、ケータイを売っているのはここだけではない。
徒歩10分ほどのところにもショップがあるじゃあないか。
そこへ行って、それでもなかったら、入荷を待つか別の機種にするか考えればいいんじゃないの。

ということで、そのままショップへ。
特にケータイにこだわりのない息子はそこまでつきあうのは面倒なようだったので、好みを聞いて帰宅させた。
ショップへの道すがら、娘のテンションは下がりっぱなし。

ショップにはちゃんと娘の希望の機種があった。
娘のテンションはまたまた急上昇。
いやあ激しい。疲れるぞ。
息子の機種も勝手に決めて、さあお手続き。
しかし。。。
店員さん「息子さん本人の確認をさせていただきたいのですが。。。」

家へ帰した息子を再び登場させ、何とか無事に購入完了。
娘は早速ケータイにデコレーションを施した。
息子も「使いこなせない!」といいつつ、まんざらでもない様子。

中学校ではケータイの携帯は禁止なので、そんなに使いすぎるということはないけれど、ちゃんとルールを決めて、暴走しないようにだけしなければ。。。
もちろんフィルタリングもしたし、できる範囲のことはしたけれど、ケータイのトラブルはそれでも心配。
大人だってトラブルに巻き込まれることは十分にあるのだ。
ワタシも気軽に子どもたちとメールしたりするのは楽しみだけど、ひとつ心配ごとも増えてしまったなあと思ったりもする。

チョコレート

今年もチョコレート作りました。(娘が)

Choko

友だち用には棒つきにしたいというので、ハート型のアルミホイルに少し切り込みを入れて、お弁当用のピックをつけました。
飾りはアラザンで華やかに。

お父さん・お兄ちゃん・おじいちゃん用には、クッキーカップに。

それでもまだ余ったので、ワタシの職場用にも分けてもらいました。

きょう友だちと交換してきたのですが、友だちもみんな手作り。
しかもおいしい。
最近の小学生はスゴイなあ。

仕事探し(パート)

娘の受験が終わって、次の目標はワタシのお仕事探し。
毎週日曜日の新聞のチラシの求人を見て、週2日近所のショッピングセンターに出されるフリーの求人誌に目を通すけれど、毎回これといって収穫はなし。
派遣会社にも登録をしているものの、何の音沙汰もなし。

7年ちょっとやっていたDTPの経験を活かせる仕事がいいのだが、DTPの仕事を見つけても必ずといっていいほど
「残業月20時間以上」
と記載されている。
基本的に子育て優先だし、家事もしなければならないので、残業は無理。
できれば17時に仕事を終わりたい。できれば、土日は休みがいい。

ということは、職種よりも勤務時間の方に重きをおいて探した方がいいのかも。
ということは、オフィスワークよりもどこかの店員さんとかスタッフとか、そういう方面になるのかな。
店員さんこそ土日仕事かも。せめて土曜日は覚悟を決めないといけないかな。

と、その前に。
まだ、ハローワークに行っていなかったことを思い出した。
大阪には難波に女性専用のハローワークがある。
いい求人はないかもしれないけれど、ダメ元でとにかく行ってみよう。

ハローワークへ行って、初めての受付を済ませると、職員の方と面談。
自分の職歴と、希望の仕事についてあれこれお話をする。
ちょっと職員の方が必要書類をそろえに行く間に
「見ててくださいね。」
と見せてもらった求人の中に!!見つけた。

Macオペレーター募集。パート。10:00~17:00時間相談応。
場所はウチから40分ほどのところ。
なんとびっくりするくらい、ワタシの希望にぴったり。

早速職員の方に電話をしてもらって、面接の約束を取りつけてもらった。
機転のきく職員さんで、電話の向こうの様子を読みつつ、ワタシの疑問(希望)も伝えてくださって、それをふまえての面接となった。

3日後の面接もスムーズに進み、無事雇ってもらえることになった。
なかなか返事がいただけなかったので、半分あきらめていたのだが、うれしいお返事で思わず
「ワタシでいいんですか?」
と聞き返してしまったくらい。

そして、勤務を初めて1週間。
勤務内容がビミョーに求職票に書いてあることと違うけれど、アットホームな職場でまずは一安心。
ちょっとがんばってみます。

給湯器が。

給湯器が故障した。
お風呂に入っていて、お湯が出なくなったのだ。
追いだきはできるので、お風呂に入れないわけではない。
でも、シャワーが使えないのは大変困る。

早速メーカーさんに電話をして、見てもらった。
最近の給湯器の寿命は約10年。
ウチはもう13年以上使っている。
モーター部分がもうダメだそうで、交換しなければいけないらしい。
しかし、モーター部分を交換したところで、別の部分の故障も時間の問題らしい。
やはり、寿命らしい。

ということで、給湯器の交換をしなければならなくなった。
メーカーさんに見積もってもらったら、かなりお高くてびっくり!!
定価販売だからだろう。

じゃあ他はどこへ行けばいいのか???
ガス屋さん?リフォーム屋さん?ホームセンター???

結局ネットで給湯器の販売をしているところを見つけて、見積もってもらったら、10万円以上も安くなった。
ネットで見つけたところだし、不安がなくもなかったけれど、電話では親切に応対してくださったし、何が何でも売ろうという感じも見られなかったので信じることにした。

お湯が出なくなって5日後、ようやく給湯器の交換も終え、再び快適にお風呂が入れるようになった。
めでたしめでたし。

しかし最近、ビルトインの食洗器も途中でエラーになって止まってしまう。
だましだまし使うことはできるけど。。。
そしてお風呂ほどの緊急性はないけれど。。。
とほほ。。。bearing

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »