« 合格祈願お菓子 | トップページ | そして、結果は。 »

さあ本番

1月16日土曜日。
関西の私立中学校の受験解禁日。
いよいよ娘も本番に臨む。

前日はピアノのレッスンをお休みしたけれど、他はいつものように過ごした。
普通に学校へ行き、普通に帰宅した。
普通に夕食を食べ、軽ーく勉強した。
丁寧に持物の準備をして、いつもより少しだけ早く寝床へ。
特にコーフンするわけでもなく、すーっと眠っていった。

当日は6時起床。
朝食は、娘の好きなチョコのパンとコーンスープ。
余裕をもって、7時20分いざ出発。

中学校へ向かう途中、あまり話はしなかった。
緊張しないようにあれこれおしゃべりした方がいいのかもしれないけれど、こういう時ってなかなかイイ話も浮かばない。
ヘタなおしゃべりで逆に緊張させてしまうといけないから、自然と無口になる。

8時30分。学校へ到着。
玄関で上履きに履き替え、娘は教室へと向かっていった。
あとは娘の健闘を祈るのみ。
わからない問題が出ても、パニクらないでね。
1つの科目に自信がなくても、他の科目で巻き返せるんだからね。
とにかくあきらめないでね。

13時50分。試験終了。
出てきた娘は、ビミョーな顔つき。
「算数、あまりできなかった。」
らしい。
国語と理科はそこそこできたらしいので、もうそこにかけるしかないようだ。

とはいえ、大仕事を終えた喜びの方が娘には大きかったようだ。
ワタシももう結果のことをあれこれ考えるのはよそう。
とにかく娘は自分にできることはやったのだ。
よく頑張ったと思う。
結果がどうあれ、真摯に受け止めることにしよう。

つづく。

« 合格祈願お菓子 | トップページ | そして、結果は。 »

「中学受験」カテゴリの記事

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合格祈願お菓子 | トップページ | そして、結果は。 »