« 一夜明けて | トップページ | 振り返ってみよう(息子編) »

振り返ってみよう(娘編)

受験が終わったので、いろいろと振り返ってみようと思う。

娘は5年生の春休みから通った。
スタートははっきり言って遅い。
いわゆる「集合塾」で、この塾へは受験をする子しない子両方が通っている。

娘はもちろん受験コースに通っていたけれど、ウチは個別に教科を選んで受講。
夏季・冬期の講習以外は、通常4教科のところを2教科にした。
何度も教科を増やそうと思ったけれど、なぜか娘が拒否。
でも拒否した分、娘はちゃんと自習室で勉強をした。

集合塾は、個人個人に丁寧に対応してくれないし、勉強でわからないことは本人が質問しない限り解決することはない。
娘は自分から先生に声をかけるタイプではないので、この点がワタシにはヒジョーに心配だった。
案の定、他の子が既に勉強していて知っていることを娘が知らないということもあった。
それもかなり後になって。

正直大丈夫かなあと思った。
スタートが遅かった分がフォローできない。
個別の塾に変わった方がいいんじゃないかと何度も思った。
しかし、当の娘はこの塾を気に入っていたので、結局塾を変わるということはしなかった。

ということで、やっぱり最終的にはワタシがあれこれ動くことになった。
塾の勉強以外でやる問題集を探したり、過去問を解くスケジュールを決めたり。
心配なことがあれば塾に相談。
中学受験は親子の受験と言われる理由がよおくわかった。

ワタシのたてたスケジュールにより(上から目線)、五木の模試は最後の1回はパスした。
塾の方針では、別に最後の1回は受けなくていいということも聞いていて、そういう楽をする情報はうのみにした。
娘も五木模試を受ける度にユーウツになり落ちこんでいくので、精神面を考えるとこれでよかったと思う。
塾が主催した1カ月の「直前演習」もパスした。
これに参加していては過去問をやる時間がないのだ。
他の子はいつ過去問やってるんだろう。不思議だった。

そして結果、無事合格。
必要最低限のことをきっちりとやった娘の頑張った結果だと思う。

塾へたくさん行かせると確かにそれだけで不安材料は1つ消える。
たくさん塾に通ってたくさん勉強をしたのに、志望校に合格できなかった子をワタシは知っている。
たくさん塾に通ってたくさん勉強をして志望校に合格したのに、入学してから着いていけなくてやめてしまう子もいるという話も耳にする。

親の手はそこそこかかっているけれど、結果的には必要以上に塾への投資をせずにすんだ。
自分の子の力量をちゃんと自分で知ることもできた。
中学受験を経験した人は「受験してよかった」という人も多いと聞く。
なんとなく、それはわかる。

でもやっぱり中学受験って大変だなあ。

« 一夜明けて | トップページ | 振り返ってみよう(息子編) »

「中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一夜明けて | トップページ | 振り返ってみよう(息子編) »