« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

振り返ってみよう(息子編)

ついでなので、息子の受験も振り返っておこう。
2年前の話だけど。

息子は5年生の秋に受験を決めてからは、しばらく自分で勉強をしていた。
それまでやっていた進研ゼミのハイレベルテキストなんかを中心に、解説のついた教材を購入して、せっせとやっていた。
自分の成績を確認するために、もちろん五木模試もちゃんと受けていた。
そんなに悪い成績でもなかったと思う。

でも、やっぱり自分だけでは不安なこともある。
自分は正しく(?)勉強を進められているんだろうか、勉強面以外で気を配らなければならないところはないだろうか。

で、6年生の夏休みから塾に通うことにした。
いちばん近所にあった個別指導塾。
当時はその塾に中学受験をする子はいないということで心配だったのだけど(今思えば単に生徒数が少なかっただけ)、パンフレットにはちゃんと中学受験の対策もしてくれると書いてあったし、塾長さんも
「おまかせください!僕は以前は大手の塾にいましたから。」
と熱くおっしゃってくださったので、おまかせすることにした。

息子は国語の成績はそこそこ良かったので、算数と理科の2教科を見てもらうことにした。
先生も息子に合いそうなタイプの先生にしてくださった。
算数と理科をお願いしているけれど、国語や社会でもわからないことを質問すると対応してくださったし、プリントなんかもくださった。
とにかく、親切だった。

志望校を決めた後は、志望校に挨拶に行って息子をアピールしてくださったようで、塾ってそういうことまでしてくれるものなのかと、感心した。
そういう意味でも塾って必要なのか。。。なるほど。

娘の通った集合塾よりは費用は確かにかかったけれど、短い期間だったことだし、息子の様子を見て柔軟に対応して指導してくださったし、良かったと思っている。

しかし。
この塾は場所的にちょっとわかりにくい所にあったせいか、通う子どもの数は少なかったようで、息子が受験を終わって間もなく閉鎖されてしまった。
いい塾だったのに残念。

振り返ってみよう(娘編)

受験が終わったので、いろいろと振り返ってみようと思う。

娘は5年生の春休みから通った。
スタートははっきり言って遅い。
いわゆる「集合塾」で、この塾へは受験をする子しない子両方が通っている。

娘はもちろん受験コースに通っていたけれど、ウチは個別に教科を選んで受講。
夏季・冬期の講習以外は、通常4教科のところを2教科にした。
何度も教科を増やそうと思ったけれど、なぜか娘が拒否。
でも拒否した分、娘はちゃんと自習室で勉強をした。

集合塾は、個人個人に丁寧に対応してくれないし、勉強でわからないことは本人が質問しない限り解決することはない。
娘は自分から先生に声をかけるタイプではないので、この点がワタシにはヒジョーに心配だった。
案の定、他の子が既に勉強していて知っていることを娘が知らないということもあった。
それもかなり後になって。

正直大丈夫かなあと思った。
スタートが遅かった分がフォローできない。
個別の塾に変わった方がいいんじゃないかと何度も思った。
しかし、当の娘はこの塾を気に入っていたので、結局塾を変わるということはしなかった。

ということで、やっぱり最終的にはワタシがあれこれ動くことになった。
塾の勉強以外でやる問題集を探したり、過去問を解くスケジュールを決めたり。
心配なことがあれば塾に相談。
中学受験は親子の受験と言われる理由がよおくわかった。

ワタシのたてたスケジュールにより(上から目線)、五木の模試は最後の1回はパスした。
塾の方針では、別に最後の1回は受けなくていいということも聞いていて、そういう楽をする情報はうのみにした。
娘も五木模試を受ける度にユーウツになり落ちこんでいくので、精神面を考えるとこれでよかったと思う。
塾が主催した1カ月の「直前演習」もパスした。
これに参加していては過去問をやる時間がないのだ。
他の子はいつ過去問やってるんだろう。不思議だった。

そして結果、無事合格。
必要最低限のことをきっちりとやった娘の頑張った結果だと思う。

塾へたくさん行かせると確かにそれだけで不安材料は1つ消える。
たくさん塾に通ってたくさん勉強をしたのに、志望校に合格できなかった子をワタシは知っている。
たくさん塾に通ってたくさん勉強をして志望校に合格したのに、入学してから着いていけなくてやめてしまう子もいるという話も耳にする。

親の手はそこそこかかっているけれど、結果的には必要以上に塾への投資をせずにすんだ。
自分の子の力量をちゃんと自分で知ることもできた。
中学受験を経験した人は「受験してよかった」という人も多いと聞く。
なんとなく、それはわかる。

でもやっぱり中学受験って大変だなあ。

一夜明けて

感動の合格発表から一夜明けた。
娘は普段通り、学校へ。
ワタシはちょっぴり二日酔いの重い頭を引きずって、入学の手続き。
銀行へ行って入学金等々を振込み、その証明を持って学校へ。
入学許可書をもらって、ようやく手続き完了。
これで娘もこの中学校の生徒となることになった。

やれやれ、やっと落ち着きました。

受験をするとちゃんと決めて、塾へ通い出したのが5年生の春休み。
それまでも勉強はしていたけれど、短い期間の勉強で無事合格という結果を残せることができたのは、やっぱり娘が頑張ったから。
くじけそうになったこともあったけれど、本当によく頑張りました。拍手。

1つ壁を乗り越えたけれど、残念ながらこれがゴールではない。
次のスタート地点に立っただけ。
4月からは新しい学校で、新しい友だちを作って、勉強してクラブして有意義な中学生活を送ってね。
そのために、頑張ったのだから。

そして、結果は。

試験が終わって結果は翌日に中学校にて発表される。
発表は14時30分。
余裕をもって、13時出発。

空気が乾燥していたのと、自宅から駅まで10分自転車で走ったのと、発表前の異常な緊張で、ものすごくのどが渇く。
駅前のスーパーでお茶を買って、飲んで、昨日と同じ道を娘と歩く。
自己評価がビミョーなだけに、ワタシも娘も無口。
もうこの空気は、発表まで続きそうだ。
仕方がない。

発表10分前に学校に到着。
既に発表の場所には人が集まっている。
娘はバッグからワタシや友だちからもらったお守りを取り出し、握りしめる。

発表5分前。
結果が記されているであろうボードを持って学校の担当者登場。
ボードを掲げ始める。
この時点で、ボードはまだ覆われていて結果はわからない。
その場の空気が緊張でいっぱいになる。

なのに!
なかなかボードが所定の場所にうまく納まらない。
発表の時間を過ぎてもモタモタしている。
周りの空気がイライラに変わっていく。。。
この時間はキツい。
もう心臓バクバク。
もちょっと早めに設置してくださいよぉ。。。

予定の発表時間を5分過ぎて、ようやくボードの設置完了。
「お待たせしました。」
ボードを覆っていた紙が取り除かれ、合格者の番号があらわになる。

娘は怖がってボードを見られないので、ワタシが見る。
番号をさがすちょっとの間にもいろんな想いが駆け巡る。
娘の番号ありますように。ありますように。。。

「あったーーー!!!」

番号を見つけたら、ワタシが結果を言うんじゃなくて、ちゃんと娘に娘の目で見させようと思っていたのに、叫んでしまった。
でも、娘は小柄なので、なかなか見えなかったようだ。
ケータイで写真を撮って、娘は何度も何度も自分の受験票と見比べて、確認した。
そしてやっと、一安心。
合格者の書類を受け取って、やっと実感。

うれしいというより、ホッとしました。

さあ本番

1月16日土曜日。
関西の私立中学校の受験解禁日。
いよいよ娘も本番に臨む。

前日はピアノのレッスンをお休みしたけれど、他はいつものように過ごした。
普通に学校へ行き、普通に帰宅した。
普通に夕食を食べ、軽ーく勉強した。
丁寧に持物の準備をして、いつもより少しだけ早く寝床へ。
特にコーフンするわけでもなく、すーっと眠っていった。

当日は6時起床。
朝食は、娘の好きなチョコのパンとコーンスープ。
余裕をもって、7時20分いざ出発。

中学校へ向かう途中、あまり話はしなかった。
緊張しないようにあれこれおしゃべりした方がいいのかもしれないけれど、こういう時ってなかなかイイ話も浮かばない。
ヘタなおしゃべりで逆に緊張させてしまうといけないから、自然と無口になる。

8時30分。学校へ到着。
玄関で上履きに履き替え、娘は教室へと向かっていった。
あとは娘の健闘を祈るのみ。
わからない問題が出ても、パニクらないでね。
1つの科目に自信がなくても、他の科目で巻き返せるんだからね。
とにかくあきらめないでね。

13時50分。試験終了。
出てきた娘は、ビミョーな顔つき。
「算数、あまりできなかった。」
らしい。
国語と理科はそこそこできたらしいので、もうそこにかけるしかないようだ。

とはいえ、大仕事を終えた喜びの方が娘には大きかったようだ。
ワタシももう結果のことをあれこれ考えるのはよそう。
とにかく娘は自分にできることはやったのだ。
よく頑張ったと思う。
結果がどうあれ、真摯に受け止めることにしよう。

つづく。

合格祈願お菓子

さて、入試の日も近づき、スーパーのお菓子売り場に合格祈願お菓子が登場し始めた。
数年前から商品名とゴロをあわせていろんな商品が出ている。
多少“無理から(強引に・大阪弁?)”なところもあるけれど、その“無理から”具合が何とも面白い。
受験生がいなくても、毎年楽しませてもらっている。

2年前の息子の受験のときは、レモンのタブレット「ハイレルモン(ハイレモン)」を購入した。
そのおかげ(?)か、息子は無事志望校に合格した。

ここはやはり、娘にも買わなければ!
娘と一緒に買いに行った。

いろいろ商品はあるけれど、
「『落ちない』というよりは『合格する』という前向きな商品がいいよね」
ということで、娘が選んだのは「(ウ)カルピスキャンディ」
家に帰ってからは、パッケージの「キャンディ」の前に自筆で
「Yes,we」を追加していた。
毎日夜の勉強前にアメちゃん(大阪弁)を1粒なめなめして、ラストスパートしている。

いよいよ明後日は試験の日。
そろそろ学校を休んでいる子もいるけれど、娘は休みたくないらしい(今まで6年間皆勤なので)ので、ウチはお休みする予定はない。
明日は、ジタバタせず、いつも通り過ごしたいと思う。

冷凍やきそば

今年初めてフィットネスに行ってきた。
土日限定会員なので、先週はお正月休みだったのだ。

さて、土曜日は昼過ぎにフィットネスに出かける。
毎週入っているプログラムに合わせて出かけるのだが、土曜日は息子は学校があって私の出かける時間までに帰ってくることができない。
なので昼食の準備をして、出かける。
準備といっても、カップめんやチンして食べられるもの(冷凍食品とか、チャーハンとか)なんだけど。

きょうは冷凍のやきそばをチンして食べるよう、娘に伝言をお願いした。
娘は毎週息子の昼食を的確に伝え、息子も自分で昼食をちゃんと食べている。
きょうもそうであるはずだった。

フィットネスから帰ってきてキッチンに入ると、
「ん???」
少し違和感を感じた。
何か違うものが置いてあったのだ。
見たことがあるけれど、今ここにあるのはちょっと違う。というような。

それは、お弁当用冷凍やきそばの残骸。
ご存じの方もいると思うのだが、お弁当用のやきそばは、1商品につき小分けにされた3パックのやきそばが入っている。
そう、「昼食は冷凍やきそば」と娘に伝えられた息子は、冷凍庫をあけ、目の前にわざわざ置いておいた普通の1人分冷凍やきそばをスルーし、お弁当用の焼きそばを3パック食べたのだ。

あまりのおかしさに、腰がくだけそうになった。
悪いのはだーれだ。
。。。誰も悪くないですね。

あけましておめでとうございます

       Tora

2010年になってもう6日。
3が日はダラダラして、4日からもダラダラしていたらあっという間。
気がつけば、明後日からは新学期。
娘の受験日まであと10日(!!!)
いかん!こんなことでは。。。

さて、今年はまずは娘の受験がいきなり控えている。
こればっかりはワタシがアセっても仕方がないので、とにかくみんなカゼをひかないように気をつけるだけ。
そして、娘の毎日の努力が無駄にならないよう、祈るだけ。

次は、ワタシのパート探し。
昨年夏に長年勤めていたところを辞めて、新しい職場に入ったものの、まあいろいろあって、早々に退職。
この不況のせいか、なかなかワタシの希望に合う職場を見つけることができなくて、世間の風の冷たさをひしひしと感じた年末だった。

あまり今の生活(専業主婦状態)に慣れ切って働くのがイヤになってしまうまでに、なんとか次の仕事を探したいと思う。
職種の幅も広げて、とにかく「気持ちよく働けるところ」がいいな。

今年もみんな健康で、楽しい年になりますように。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »