« キムチ | トップページ | カゼひいた »

進学説明会

娘の通う塾で受験生の親を対象に進学説明会が行われた。
いちおう何か情報でもGETできればと顔を出してきた。

娘の場合は既に志望校も決まっている。
かなり意志は固いので、塾にどうこう言われて考え直すことはない。
ワタシも息子に続いて2回目の受験なので、だいたいするべきことはわかっている(つもり)。

2回目なので、ついつい息子のときと比べてしまうのだが、塾が違うと対応が違う。
息子は個別指導塾に通っていたので、本当に個別に志望校情報も教えてくれたし、勉強についてもコマメな対応をしてくださった。
志望校への働きかけもしてくれていたようだし。

娘は集合塾なので、やはり個別ほどコマメに個人を見ていてくれているわけではない。
今日の説明会にしても、何かこう、事務的というかそういう雰囲気は否めなかった。
「私たちのデータでは、○○○なので、□□□です。聞き逃してはだめですよ。お母さん。」
という感じ。

周りのお母さんたちは必死にメモをとっている。
初めて子どもと中学受験に挑む親御さんにとっては、
「なるほど。ふむふむ。」
なのかもしれないけれど、正直ワタシにとってはいらない情報の方が多かったかな。
説明会よりも、個人懇談を充実させてほしいかも。

などと、文句を言ってみたりするけれど、娘はちゃんと塾で勉強をしているし、自習仲間もできて、授業のない日も自習に通っている。
前回の五木模試であまり成績が芳しくなかったけれど、先生に相談したら、ちゃんとフォローもしてくださった。

要は、やっぱり勉強するのは本人で、塾をどう活用するかは、本人(とその親)次第なのだと、改めて思った。
塾にまかせきりのところが少しあったのだが、やっぱりワタシももいちど気合入れて、娘と戦わなくっちゃと再確認。

そういう意味で、情報云々よりもためになった説明会だった。

« キムチ | トップページ | カゼひいた »

「中学受験」カテゴリの記事

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キムチ | トップページ | カゼひいた »