« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

インフルエンザ騒動

先週の初め、息子の通う中学校schoolから緊急の連絡網が入った。
「校内で新型インフルエンザの疑いのある生徒が出たので、家庭でも注意をお願いします」
というような内容だった。

夏であるにもかかわらず、新型インフルエンザは巷でもじわじわと感染者を増やし続けているというのは知っていたけれど、とうとう息子の学校にまで現れたのか。。。
心配ではあるけれど、息子とは学年も勉強している校舎も違う学生さんの話なので、過剰な反応は禁物だ。
心配ではあるけれど、ここはもう腹をくくるしかない。
もしも学校で流行してしまって、息子も感染してしまったとしても、死んでしまったりすることはないだろう。
家族も感染してしまうかもしれないけれど、それはもう仕方のないことなのかもしれない。think

そして、緊急の連絡網が入った翌々日のこと、学校から帰宅した息子は案の定
「しんどい」
と言い出した。ええーーっ?
熱を測る。。。38度9分。
ええーーーーーーーっ!!!shock

突然の高熱。少し咳も出ている。
これって、ワタシの過去の経験からすると、インフルエンザの症状にヒジョーに似ている。
まさか。。。

早速かかりつけのお医者さんhospitalに電話をして、熱があって咳が出てることを告げて(学校からのお手紙にそう書いてあったのです)、受診してもいいか尋ねると、
「はい、いいですよー。」
と明るい返事。
すぐに息子を連れて行く。

お医者さんでは、一応息子の学校の話もして、検査もしてもらった。
「まあ多分、違うと思いますね。最近、高熱が出るカゼが流行っているらしいですし。」
とお医者さんは慌てる様子もなくおっしゃった。
医者の勘とやらで、息子の様子を見て違うと思ったのかもしれない。
息子の鼻には長い綿棒がぶすっとささっている。

10分後。結果発表。
陰性だった。ほっ。
でも、熱が出てすぐの検査ではウィルスもまだ少ないらしく、反応が出ないこともあるらしいので、正直心底手放しでは喜べないかも。
その後2日間熱が下がらなかったので、その間は少ーし不安ではあったけれど、息子以外の家族が元気なので、やっぱり陰性だったのだろう。

とりあえず、一安心。sweat02
あーびっくりした。

うなぎのパスタ

昨日は土用の丑の日。
うなぎを食べる日だ。
ここのところ中国産うなぎやら偽装うなぎやら、うなぎさんには申し訳ないのだが、今イチ信用がおけなかったので、すっかり食卓からは遠のいていた。
でも何だか久しぶりに食べたいな。
いろいろな疑惑はとりあえずおいといて、久しぶりに食べよう。

するとダンナさんが
「きょうはワインが飲みたいから、パスタにしよう」
と言い出した。
ウチの場合、なぜかパスタとワインが対になっている。
パスタの日はワインを飲むし、ワインが飲みたいときはパスタになる。

うーん。ワイン最近飲んでないから飲みたいなあ。
でもすっかり気分はうなぎ。。。

ということで、うなぎのパスタのレシピはないものか探すことにした。
ネットで検索すると。。。まあいろいろ出てはきたのだが、どうもピンとくるものがない。
ネットの検索をあきらめて、ウチに眠っているオレンジページを引っ張り出した。
そしてパスタの特集されていた1冊を発見!
うなぎのパスタはないものか。。。探してみる。

あった!
ゆでたパスタにうなぎと長いもをたたいたものと、大葉と温泉たまごをのせて、めんつゆをかけてできあがり。
おおっ。おいしそう。
これだ!きょうのメニューは決まった。

パスタは少しアレンジをした。
オリーブオイルでうなぎを少しだけいためて、酒とうなぎのたれとパスタのゆで汁とめんつゆを投入。
そこへゆでたパスタを加えてさっといためた。
お皿に盛って、うなぎやら、長いもやらをのせて、できあがり。
まあ、まずまずおいしくいただきました。
でも、何か足りないような。。。

全てを食べ終わってから気がつきました。
温泉たまご忘れた。。。
なくても大丈夫だったのだけど、あったらもっとおいしかっただろうなと思うと残念でなりません。

次回は忘れないように。。。
って、次回、あるのかなあ。。。

入浴剤

先日息子がクッキーの型を貸してほしいと言ってきた。
クラブで使うらしい。

息子は科学部に所属している。
毎日クラブがあるのはイヤみたいなので、週2回活動する科学部がちょうどいいようだ。
ペットボトルでロケットを作ってみたり、牛乳パックで月を見る望遠鏡を作ってみたり、きっともっといろんなことをしてるんだろう。
先月の中学校のオープンスクールでは、スーパーボールを作ったらしい。
本人も楽しそうである。

で、クッキーの型。
いくらなんでも科学部でクッキーを作るのではない。
入浴剤を作るらしいのだ。
へぇ~。それは面白そうだ。

後日、できた入浴剤を持って帰ってきた。
クッキーの型にびっしりと固まっている。
よく見る固形の入浴剤みたいな感じ。
色は白くて、何だかツブツブが混ざっている。
このツブツブはハーブらしいのだが、あまり香りはない。
お風呂にいれると、ショワショワ~っと発泡するらしい。
ほぉ~。なんかいいですねぇ。

発泡するところを見たい気もしたけれど、それは作った本人がいちばん見たいだろうから、一番風呂は息子。
ちゃんとショワショワ~としたらしい。
今思えば、息子が風呂に入る前にショワショワ~だけでも見せてもらえばよかった。

息子の後にお風呂に入ると、浴槽にはたくさんのハーブのツブツブだけが浮いていた。
ハーブの香りも特になく、きっと効能もないだろう。
「アロマオイルでも入れといてほしかったな。」とちょっと思ったワタシだった。。。

続フルーツ酢

この前作ったオレンジのフルーツ酢。
「せっかくだから毎朝飲もう」
と書いたのだけど、たまにしか飲まず、結局冷蔵庫で眠っている。

敗因はやはり、フルーツ感が足りなかったからだと思う。
そこで、逆にそのフルーツ感の足りなさを利用して、料理に使おうと考えた。
冷蔵庫にはきゅうりがいる。
きゅうりとじゃこの酢の物だ!!

いつものように、きゅうりをスライスして、大根も少しスライスして、塩でもむ。
この間にいつもなら、小鍋に酢やら砂糖やらを入れて一度煮立てるのだが、今回は冷蔵庫に眠る酢をボウルに入れ、しょうゆと少しのほんだしを加える。
そして、きゅうりと大根の水気をしぼって、じゃことすりごまを入れて混ぜる。
見た目はいつものきゅうりもみ。
さてお味は。。。

甘い!!
ウチの酢の物は子どもでも食べやすいように、いつも甘めに作るのだけど、それと比べてもはるかに甘い。
さすがに子どもたちにも甘すぎたようだ。不評だった。

。。。失敗。
次回はさらにお酢を足してみよう。(まだ懲りないのか。。。)

フルーツ酢

暑い夏がやってきた。
ここ数日は梅雨のジメジメが体にこたえる。
なんかスッキリしないなあ。

なにかスッキリするものないかなあ。
と思っていたところへ、とある新聞広告発見。
某お酢のメーカーの広告なのだが、そこには
「フルーツ酢」
というものが紹介されていた。
果物と、お酢と氷砂糖をビンに入れて、1週間ほどおくと、フルーツ酢ができあがる。
お水や炭酸で割ると、おいしいのだそうだ。

なんだかすごーくスッキリしそう。。。
早速お試ししてみることにした。

まずはいちばん簡単に手に入るオレンジで。
レシピには紅茶のティーバッグも一緒につけると書いてあったのだが、紅茶をあまり飲まない子どもたちも、実はちょっとフルーツ酢に興味がありそうだったので、今回が紅茶を省くことにした。

オレンジ:氷砂糖:酢を1:2:2の割合で、ビンに入れて1週間。
さて、お味はいかに。。。

まずは、お酢を水で5倍に薄めて飲んでみる。
お酢がまろやかになっていて、思ったより飲みやすかった。
でもちょっとオレンジ感が足りない。
ヘタすると、甘めの三杯酢みたいに思える。
紅茶を省いたのがいけなかったのか。。。

次に、牛乳で薄めてみる。
ちまたのウワサでは
「ヨーグルトみたい」
とのことで、ちょっと楽しみ。ごくん。
。。。確かにヨーグルトっぽい。なるほど、これはおもしろい。
でも、混ぜ方が足りなかったのか、だんだんお酢になってきた。

結果。どろろろろろろーーーん。(ドラムロール)

まあまあ。
でもお酢はキライじゃないし、せっかくだから、健康のために毎朝小さいコップに1杯飲む事にしている。
飲む以外にも、オリーブオイルとかと混ぜるとおいしいドレッシングになりそう。

オレンジ酢がなくなったら、今度は柑橘系じゃない果物でもう一度試してみようかな。
ちなみに、子どもたちにはあまりウケなかったです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »