« 髪を切る | トップページ | 子どもとの話し方 »

参観日にて

息子の中学校で今年度2回目の参観があった。
本日の科目は国語。

教室に入るとなにやらグループ分けがされている。
5~6人が向かい合って机をくっつけている。
小学校ではよく見かける光景だけど、中学校でもこういうことってあるんだなあ。

そして始まったのは百人一首大会。
先生が上の句を読んで、生徒達が取り合うという、まあ普通のルール。
たった15枚の札を取り合うのだが、中間テストのために覚えていたこともあって、結構白熱。
見ていて面白かった。

百人一首が終わると、元の授業に。
助動詞の授業だったのだが、親にも授業内容のプリントが用意されていたし、先生の説明もわかりやすかったせいか、何だか勉強になった。
そういえば、こんなことやってたよなあ。。。

学生の頃って、イヤイヤ勉強してたけど、大人になって改めて授業を聞いていると、結構面白い。
ひょっとすると、今なら難しくってコケてしまった高校の勉強なんかもわかるんじゃないかって、勘違いしそうになる。
高校時代より物忘れも激しくなって、頭も固くなってるのにね。

人間って勝手なもんだなあと思う。

« 髪を切る | トップページ | 子どもとの話し方 »

子育て(小中学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 髪を切る | トップページ | 子どもとの話し方 »