« 連弾 | トップページ | オープンスクール-娘編 »

衣替え

6月。
といえば、衣替えの季節。
子どもたちの制服も夏服に替わるということで、前日せっせとタンスから夏服を出す。
成長早い子どもたちのこと、小さくなってないかなあと心配しつつ。

娘は6年生なので、小学校の夏服は今年が最後だ。
ちょっとスカートが小さいかな。プリーツが開き気味。
でも、実質あと4ヶ月なので、我慢してね。

息子のは、クリーニングされたズボンを出す。
冬ズボンも少し丈が短めなので、夏ズボンも短くなってるかな。
ちょっと裾を出してあげた方がいいかな。。。
ということで、はかせてみる。
ビミョーに短いかな。でもそんなに不恰好でもないかな。

という話を実家でしていたら、快~く
「お直ししてあげる」
と言ってくれた。
ワタシの親は長年メンズのお洋服でご飯を食べてきたので(ワタシも食べさせていただきました)、パンツの裾直しなんて、ちょちょーっとやってしまうのだ。
いやあ持つべきものは、洋服屋の親。感謝感謝。notes

そしてクリーニングあがりのズボンを渡すと、父曰く、
「これ、冬物やで」
なんでも冬服と夏服では生地の織り方が違うらしい。
ええ~っ!!!
ということは。。。coldsweats02

今まではいていたズボンは夏服ということになる。
冬の寒~い日も、あの、雪まみれになった英検の日(1月29日の記事をご覧ください)も、夏服をはいていたというのか。。。
なんと可愛そうな息子。。。

結局、正しい夏ズボンを裾出ししてもらって、引き続きはくこととなった。
正しい冬ズボンは、またタンスへ収納された。
あぁ。。。またやってしまった。。。

« 連弾 | トップページ | オープンスクール-娘編 »

子育て(小中学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連弾 | トップページ | オープンスクール-娘編 »