« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

連弾

先日、娘のピアノのレッスンの終了間際、先生に
「(レッスン室に)入ってください。」
と言われた。

入って、イスに座ると、娘と先生の連弾が始まった。
曲は「ラ・ラ・ルー」
いい演奏だった。

そういえば、娘がピアノを習い始めた頃、
「いつか娘と連弾がしたいなあ」
と思っていた。
そういえば、思っていた。忘れてたなあ。。。
これまでも、何度か娘のレッスン本にある連弾曲を練習しかけたことがあった。
残念ながら、形にならず終いだったけど。
久しぶりに、練習してみようかなあ。

その日は1時間ほど練習して、まあなんとか弾けるようになったかなというところで、後日、時間を見つけて娘と連弾してみた。
でもねぇ。。。

ところどころつっかえてしまうし、練習では弾けるのに、合わせてみるとダメだったりするし。
素敵な演奏までにはもっともっと練習しなきゃいけないと改めて思ったのだった。

でも、楽しかった。note

時差と円周率について

職場での話。
子どもに日本とニューヨークの時差の計算の仕方を教えたいのだが、上手く説明できないとのこと。

日本は東経135°で、ニューヨークは西経75°。
経度が15°で1時間の時差だから、答えは

(135°+75°)÷15°=14(時間)

ここにたどりつくまでに
「東経って何?」
「なぜ(東経と西経を)足し算しなあかんの?」
「そもそも東経0°ってどこ?」
「じゃあ、日付変更線ってどこ?」
。。。いろんな質問がいろんな人から飛び交った。
えーっ?

1から説明をさせていただいて、ついでに日本とオーストラリアに時差がないのを説明すると、感心された。
あれれっ?
結構基本的なことだと思うんだけど、知らない人はやっぱりいるようで。

話題は変わって、今度は円周率の話。
「円周率って何?」
いちおうみなさん円周率=3.14ということはご存知なのだが、ひとり、どうしても納得しきれていない人がひとり。
その人にみんなでよってたかって説明をするけれど、やっぱり?顔。
どうやら円周率の言葉の意味がわからないらしい。

結局ケータイの国語辞典で「円周率」を調べ、
「なあんだ比率か」
でスッキリ顔になった。
ワタシたちの必死の説明よりも納得したようだった。

いやあ、何を知ってて何を知らないかなんて人それぞれなんだなあと感心した。

学校再開

ウチは大阪なので、例によって先週は子どもたちは1週間学校はお休みだった。
1週間も休みでしかも外出はしないようになんていうことは、さすがに出不精のウチの子たちにもつらかったようだ。

それでも昔のゲームを引っ張り出してやってみたり、勉強をしてみたり、何とかやることを探し出して1週間をのりきった。
ワタシは仕事が今まででいちばんといっていいくらいの忙しさだったので、子どもにかまけて休むことはできなかった。
でも仕事から帰ると、散らかり放題だったリビングが片付いていたり、炊飯器にご飯がセットされていたり、扇風機が組み立てられていたりと、うれしいこともあって、そういう意味ではお休みに感謝。かな。

その1週間の自宅待機が終わり、きょうから子どもたちの学校も再開。
またインフルエンザ騒動がぶり返さないかなとか、心配でないわけではないけれど、心配ばかりしていてもキリがない。
まずは、無事に学校が再開できてよかったよかった。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »