« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

京橋花月

行ってきました。京橋花月!
オープンして約1ヵ月。
早々にダンナさんがチケットをとってくれた。
夫婦でお笑いが好きなんだけど、劇場へ行ったのはもう十何年か前の話。
確か、息子がお腹にいたのにもかかわらず、前半を立ち見したと思う。

そのせいか息子もお笑い好きな子に育ってしまった。
娘はちょっと前まで
「お笑いは全くキョーミなし」
で、TVのお笑い番組には目もくれなかったのだけど、父も母も兄もお笑い好きでは仕方がない。
家ではいやおうなくお笑い番組を見せられ、随分鍛えられた。
今ではすっかり一緒にお笑い番組を楽しめる子になった。
それでこそ、ワタシたちの子coldsweats01

年末にもかかわらず、劇場は満席。
立ち見のお客さんまでいた。
いやあなんだかワクワクするゾheart04
さあ開演。。。

トップバッターはNON-STYLE。
絶対彼らはおもしろいと思っていたワタシは、チケットを取りに行ったときに彼らが出ると知って、とても楽しみだった。
後で聞いたのだが、実はダンナさんは彼らが出る日を選んでチケットをとったらしい。
珍しく気が合ったようだ。
なので、NON-STYLEがM-1で優勝したのもウチの家族からすればトーゼンのことなのだ。
ナマで見る彼らは更に細い。
何サイズのパンツをはいてるんだろう。きっとワタシにははけないんだろうな。。。
劇場でのネタはTVよりも長くて、じっくり楽しむことができた。
この日は結構全国ネットの芸人さんや昔から知っている芸人さんがたくさん出演していて、ワタシ的にはとっても満足。

新喜劇も、いつもTVで観ているのとは少ーしメンバーも違っていて、楽しかった。
たっぷり2時間半、笑いでお腹いっぱいになった。
やっぱり笑うっていい。
最近暗ーいニュースばかりで気が滅入りそうだけど、少し元気が出そう。
あー楽しかった。happy02

ポケットの中に。

冬休みに入ったので、息子の制服をクリーニングに出すことにした。
そこで、クリーニングに出す前にポケットの中をcheck!

パンツのポケットからは、ハンカチと生徒手帳が出てきた。
上着はまずは胸のエンブレムをはずした。
エンブレムは角を縫い付けてあるだけで、クリーニングでなくしたら大変。
よく見ると一箇所既にとれている。
いやあ見ておいてよかった。
ボタンは先日つけ直したので、頑丈についている。
多分大丈夫だろう。

次は、ポケットの中身を出そう。
まずは前のポケット。
ポケットティッシュが3組出てきた。
息子は冬になると、ずーっと鼻水が出ているので、まあ納得。
ティッシュないと困るもんね。

次は胸ポケット。
鼻をかんだ後の丸めたティッシュが出てきた。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ。。。
。。。授業中に鼻をかんで、ゴミ箱に捨てるのを忘れていたらしい。
コケた。coldsweats01

そして、内ポケットにも何か入っているようだ。
ちょっとふくらみがある。
何を入れているんだろう。。。

。。。白い靴下1足。

ズッコケた。娘とふたりで大爆笑。happy02
息子の学校では、白or黒or紺のソックスを履いていいのだが、体育の時間は白のソックスを履かなければならない。
朝、黒いソックスを履いていても大丈夫なように、とっさに内ポケットに入れて、そのままだったらしい。
体操服の袋に1足入れておけばいいのに。

あーおもしろかった。

初めての。。。

20081224

きょうはクリスマスイブ。
鶏の丸焼きをいただいた。
オーブンであたためてさあ食べよう。

とはいえ、こんなに丸ごと鶏肉をいただくのは初めて。
さて、どうすればいいのだろう。。。

結局、包丁の入るがまま、めちゃくちゃにさばいて食べた。
カレー風味でスパイスの効いたお味で美味しかったheart

これと、サラダ(お惣菜)とケーキ(チョコレートずっしりのブッシュドノエル)で満腹。
うーん満足満足。

2学期おしまい

なんと前回の更新から12日!
「ネタないなあ」
とか
「きょうは疲れたしなあ」
なんてサボってたら、あっという間に月日がたってしまう。
えらいことです。。。

そして早いことに、きょうは息子の中学校は終業式。
去年までは秋口に体調を崩しやすかったけれど、今年は元気だった。
またまた背が伸びて、いつの間にかワタシを追いこしてしまい(しかし体重はまだワタシの方が重いcoldsweats01)、よおく見るとのどぼとけなんかもあったりして、少しずつたくましくなっている。

娘は24日が終業式。
きょうは、小学校ではお約束のお楽しみ会があって、娘のクラスではグループごとに店を作って、それぞれいらないモノや手作りのモノを売買したらしい。
もちろん、本物のお金ではなく、手作りのお金で。
このお楽しみ会を通じて、娘はビーズでモノを作ることを覚え、かぎ針編みにもチャレンジした。
絵を描いてみたり、手芸をしてみたり、しっかりと女子になってきた。

いやあそれぞれ方向性が出てきたなあ。
シミジミ思いました。

2学期の個人懇談

きょうは娘の懇談があった。
仕事を早めに切り上げて、学校へ向かう。
予定の時間の5分前に到着した。
教室では前の人が懇談をしている。
教室のドアが開いているので、少し話が聞こえる。

盗み聞きをする気は全くないのだけど、辺りはシーンと静まり返っているので、耳をすませば、多分、何を話しているのかは聞き取れるはず。
これって、ワタシのときも待っている人に聞こえるのかなあ。。。

前の人は結構いろいろ先生に尋ねているらしく、会話がとぎれることはない。
予定の時刻を過ぎても終わる気配はまったくない。
そうするうちに、ワタシの次の人が来て、そしてまたその次の人も来た。
まだ終わりそうもない。

結局、20分待った。
まあ親として聞いておきたい事はちゃんと聞いておきたいだろうから、別に文句はないんだけど、みんな何を話すとそんなに長くなるのだろう。。。

そして、ウチの番。
娘の場合、給食以外は特に問題もない。
ワタシも特に先生に話しておきたいことや、尋ねておきたいこともかったので、5分かかるかかからないかで懇談は終わってしまった。
「早っ!」
と後ろの人に思われたかもしれない。

きょうのひっかかり

今、息子が個人懇談のお手紙を持ってきた。
希望の日時を書いて提出しなければいけない。
さっさと希望日を記入してから、じっくりお手紙の内容を読んでみた。
すると注意事項のところに気になる文章が。

・華美な服装での来校はご遠慮ください。

「華美な服装」って。。。
それも懇談で。。。

だいたい学校によって、親の服装にも若干傾向がある。
昨年の数少ない学校見学でもそう思った。
その中でも息子の学校はそんなにキラキラした人は見たことがなかった。
そこがまた、ワタシも少し安心できるトコロでもあったのだけど。

ちょっと笑ってしまった。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »