« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

おとりよせ

今ハマっているものがある。
それは、梅干。
ダンナさんがちょっと前に「お試し版」をおとりよせしてくれたのだが、とってもおいしいかったのだ。
以後、「お試し版」の梅干を食べきってからは、スーパーで梅干を買うことができなくて、とうとう「お試し」ではない賞品を購入することにした。
1kgで¥3,400也。
スーパーでは¥500の梅干を買うのにも一瞬考えてしまうのに、少し矛盾してるよなあ。

ちなみにワタシは子どもの頃は梅干が好きではなくて、大人になってから食べられるようになった人。
今でこそ普通に食べるけれど、それでも頻度は高くなくて、おにぎり作ったときとか、ちょっと元気になりたいときに一粒、くらいのもんだ。
そんなワタシが毎日のように食べている。
大粒のはちみつ入りの梅干は、ふっくらしていて、甘くて、お菓子みたいにいくつでも食べてしまいそうになる。

ちなみに、商品は河本食品という和歌山の会社のものです。
楽天で買えます。よかったらどうぞ。(宣伝。。。?)

パソコンタイム

ウチは家族全員がパソコンを使う。

ダンナさんは、通っているテニススクールのサイトをみたり、お取り寄せのサイトでおいしそうなものをよくさがしている。

息子はゲームを作ってホームページで公開をしている。
http://www.geocities.jp/sizimi_jk/index.html

娘も最近念願のブログデビューを果たした。
http://blogs.yahoo.co.jp/puriri_jk

ふたりとも毎日更新しているので、学校から帰るとまずパソコンの電源をON。
ゲームを作ったり、HPの更新をしたり、ブログを書いたり、それぞれの友だちのサイトのチェックをしたり、1人最低1時間はパソコンの前に座っている。

ちなみに、息子と娘とワタシは1台のパソコンを共有して使っている。
ので、夕食後は3人で軽いパソコン争奪戦が静かに開催される。

息子は学校から帰ってから、夕食をはさみながら、1時間。
娘は夕方は友だちと遊んだりしているので、息子の後、1時間。
ノッてくると、1時間で終わらないこともあるので、ワタシがパソコンの前を陣取ることができるのは、早くて9:00p.m.。

「ハハ(ワタシ)にも使わせろー!!!」
と主張はするものの、いざ使う時になると、娘が学校の話を始めたり(それは聞かなければいけません!)、ワタシが1日の重労働(?)に疲れ果てて眠くなってしまったり、見たいTVが始まってしまったりして、結局しようと思うことができないことが多い。

一応、ワタシも今、地味~にコツコツとHPを作成中。
しかし、そんなこんなでちっとも作業が進まない。
ブログも最近サボリ気味だし。。。
と触る時間がないのを言い訳にしているけれど、単にパソコンを触りだすと、ゲームしたりして遊んでしまったりもするんですね、これが。
マッタク、意志が弱いです。。。despair

娘の誕生日

先週は、娘の誕生日だった。
5年生になって、友だてがぐーんと増えた娘は、友だちを家に呼びたいという。
狭い狭ーい我が家だが、普段仕事をしていてなかなか友だちを家に呼べないことだし、ま、いいかと呼んであげることを許可した。

というとえらく大げさなのだが、いつも遊んでいる延長のノリなので、自分の部屋でワイワイやるだけのこと。
ウチがやることはジュースの用意と、ホットケーキを焼くこと(娘の希望)くらい。
あとは、散らかっている部屋をお掃除することくらいかな。。。

集まった人数は娘を入れて5人。
5人がゆったりできるスペースもないのだが、まあ狭いなりに楽しむことはできるでしょう。
それぞれパウンドケーキを焼いてきてくれたり、大きなポテチを持ってきてくれたりで、おやつに不足もない。
あとはゆっくり楽しんでねー。happy01

約3時間ほどでおヒラキになったのだが、娘はみんなにプレゼントをいろいろもらって、大喜びheart04
しかし、このグループのうちで娘は2番目に誕生日が早いコらしく、今後続々と訪れる誕生日ラッシュに早くも頭をかかえているのだった。。。coldsweats01
ちなみに、ワタシももうすぐ誕生日heart02

忘れ物

またまたちょっと前の話。
いつものように、朝7時に家を出た息子。
娘とTVを見ながら朝食をとって、さあ片付けようかなというその時、電話が鳴った。telephone
「こんな時間になんだろう。。。」
後で考えると、こんな時間にかけてくるのは息子くらいしかいないのに。

電話はやっぱり息子からで、
「ネクタイ忘れた。。。sad
衣替え直後のこの季節、息子の制服もシャツが長袖になり、夏服にはなかったネクタイを着用しなければならなくなった。
そういえば、息子が出かけたその直後、何気に息子のシャツがかかっていたハンガーを見て、違和感があったような気がする。
そうか、ネクタイがかかっていたのだ。shock

ネクタイを忘れたらきっとエラくしかられることだろう。
息子の担任の先生はキビシイのだ。
「で、どうしたらいい?(ワタシ)」
「もうスクールバスが来るから、学校まで持ってきて」
えーーっ!?

やさしいワタシは、結局その10分後にネクタイを持って車に乗った。
いつも通る道がえらく混んでいそうだったので、ちょっと苦手な大きい道路を行くことにする。
すると、この大きな道路はそんなに混んでいなくて、スイスイと車は進み、8時過ぎに学校へ到着。
しかし、待っているはずの息子はいない。
。。。5分後、息子の乗ったスクールバスが到着。
息子より40分後にスタートして、息子より早く学校へ着いてしまった。
息子よ、毎日ご苦労さんです。

息子の体育祭

随分前の話。
娘の運動会をさかのぼること2週間、息子の中学校の体育祭があった。
中学校の体育祭って、親は見に行くのだろうか。。。
ワタシ自身が中学生のときって、親は見に来ていただろうか。。。
うーん。。。思い出せない。

でも日曜日だし、私立の中学校の体育祭ってどんなものか見てみたかったし、出かけることにした。
体育祭の予備知識はほとんどなし。
息子は青組で、騎馬戦と、大縄跳び、そして補欠でクラブ対抗リレーに出場するとしか聞いていない。
ま、とりあえず行ってみよう。

学校へ着くと、既に体育祭は始まっていた。
受付へ行くと、チームカラーの青のうちわをもらった。
うちわには、体育祭のプログラムが書いてある。
へぇ。毎年作っているのかあ。。。すごいなあ。
さらに驚いたことに、学生達もそれぞれチームの色のTシャツを着ている。
これも毎年作っているらしい。すごいなあ。

そして、騎馬戦の時間。
息子はなんと騎馬のいちばん前の係。
いちばん前って、しっかりした体つきの子が務めるイメージなのに、細くていかにもか弱そうな息子がやってて大丈夫なのだろうか。。。
そして、騎馬戦開始。
なんとか、息子の騎馬は帽子もとられずに済んだのだが、もう終わる頃には、騎馬が今にも崩れてしまいそうで、別の意味でハラハラした。
「背丈の加減」で息子はあのポジションになったらしいのだが、いやあ、騎馬に乗った子もこわかったんじゃないだろうか。。。

その後、特に息子は目立った出番もなく体育祭は終了したのだが、生徒達はみんなどの競技でもイキイキしていて、活気があるイイ体育祭だった。
ビデオを撮るのに必死な親もいないし、見たいところはちゃんと見れて、見ないところはしっかり日陰で休めて、見る方も楽だった。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »