« 自宅学習 | トップページ | 五木模試(娘編)2 »

2学期

きょうから小学校は2学期がスタート!
宿題も済んだ。絵も描いた。
小さくなった上靴も買った。雑巾も縫った。
「いってらっしゃーい。」
今朝は娘を明るーく送り出してあげる予定だった。

が。
息子の具合が今ひとつよくない。
持病(?)の低血圧だ。
息子は既に先月末から2学期は始まっているのだが、確かにここ数日は朝がツラそうだった。
とはいえ、自力で登校はできそうだったので頑張らせていたのだが、今朝はいつもよりはるかにツラそうだ。
一時涼しくなって、ここ2、3日は暑い。とてもムシ暑い。
そういう気候は低血圧にはとてもツラいのだ。

息子は起立性の低血圧なので、とにかく起きて頭に血を昇らせなければならない。
なので、しんどくても横にならない方がいいらしい。
しんどいのに寝っ転がれないなんてとてもツラそうだけど、当時診ていただいたお医者さんはそう言っていた。

とにかく食べられるだけ朝食を食べさせ、にんにく卵黄を飲ませる。
朝しんどくても午後には回復するであろうとわかっているから、学校を休むという選択はない。
「しんどいけれど、とりあえず学校へ行って、様子を見る」
ということをまずは試みることにしている。

「元気になったら学校へ行く」
という選択(遅刻)もありなのだが、そんなにスパッと元気になったりしないから、何というか学校へ行くタイミングがつかめなくて
「遅刻=休み」
になりやすい。
毎朝起こりうることだから、安易に休んでしまうと
「季節の変わり目はずーっとお休み」
なんてことにもなりかねない。
それでは息子もまた別の意味でツラくなる。
だからなるべく朝頑張って登校するようにしている。
しんどいのに休もうとせずに頑張って登校している息子には頭が下がる。

ので、今朝は学校まで息子を送ることにした。
車に乗っている間、座っていたら少しでもラクになればいいかな。
ダメそうだったら、そのままUターンで帰宅だ。
道端で倒れてしまうよりは安心だ。

しばらくこんな生活が続くかもしれない。
ま、覚悟はしてなくもなかったので、学校まで送ることで息子の学校生活がスムーズにいくなら、それはそれでいいでしょう。

結局娘に
「いってらっしゃーい!」
と言ってあげることができなかったけれど、そこは娘も理解してくれているんじゃないかと思う。
ま、一時的なことだしね。

« 自宅学習 | トップページ | 五木模試(娘編)2 »

子育て(小中学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅学習 | トップページ | 五木模試(娘編)2 »