« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

補習

息子の通う中学校は月曜日が1学期の終業式だった。
しかし、翌日の火曜日から4日間、全員参加の補習がある。
やっぱり私立だなあと思う。
補習後も、2時間程度教室を自習用に開放してくれるらしいので、夏休みの宿題も済ませてこられる。
家とは違って、冷房の効いた部屋で宿題をできるということで、息子はこの自習室を活用している。

が、ここでひとつ問題発生。
補習期間はスクールバスが出ないのだ。
スクールバスを利用しない場合、ウチから学校までは、かなりの回り道をしなければいけない。
学校までのルートはいくつかパターンがあって、
①地下鉄・JR・私鉄に乗って行く。
②バス・私鉄に乗っていく。
③ちょっと離れた別のJRの駅まで自転車で行き、JR・私鉄に乗っていく。
④自家用車

①はいちばん確実なのだが、とにかく時間がかかる。
②はバスの時間読みができないから、ちょっと不安。
③が電車ルートの中ではいちばん早いと思うのだが、開通したばかりのJR線に乗っていくのと、息子が利用したことのない駅に行かなければならないのとで、ちょっと不安。
たった4日間だし、車で送ってあげてもいいかなあ。。。(④)

前日まで考えたあげく、③の案を採用することにした。
今後のことを考えると、③の行き方をおさえておいた方がいいと思ったのだ。
初日はワタシも途中までついていってあげよう。ワタシも乗ったことがない電車だし。

補習初日。
何だか天気が悪い。曇っているし、湿度がめちゃくちゃ高くて蒸し暑い。
早くも④を採用した方がいいのかと迷ったのだが、まあ何とかなるかと③を強行。
駐輪場に自転車を置いて、駅のホームに着くと、電車は行ったばかり。
朝のラッシュ時なのに、15分に1本しか電車は来ない。。。えーっ。
仕方がないから電車を待っていたのだが、今度は息子が何だかしんどそう。。。
人込みと湿気。。。いかん。息子がいちばん体調を崩しそうなパターンだ。
何とか電車が来るまで耐えて、電車に乗る。
始発の電車なので、空調も程よく効いていて、しっかり座らせることができて、息子は少しだけ回復。

2駅で私鉄に乗り換えるのだが、駅はほぼ同じ場所にあるので、乗り継ぎはとてもスムーズ。
私鉄に乗ればあとは息子1人でも大丈夫なので、ここで「行ってらっしゃい」と放り出す。
よたよたと息子は私鉄のホームへ消えていった。
駅から学校まで20分、歩けるんだろうか。。。
そして、息子はちゃんとひとりで帰って来れるんだろうか。。。
心配しつつ、ワタシは帰宅。

結局、息子はちゃんとひとりで帰ってきた。

補習2日目。
天気はいいのだが、以前から風邪気味なのと低血圧のため、息子の体調は×そうだ。
またまた④を採用しなければいけないのかと迷ったが(休むという選択はないのか?)、息子が自力で行くというので、昨日と同じルートで行かせることにした。
学校に着くと体調は回復したそうで、フツーに帰ってきた。

補習3日目。
フツーに登校。

3日目にして、やっと慣れてきたけれど、補習もあと1日でおしまい。
そんなもんです。。。

浴衣2

GETした浴衣はすぐに届いた。
早速娘に羽織らせる。
どちらかというと小柄な娘にはやはり大きい。
ちょっと補正をしてあげなければならないようだ。

さて。。。
浴衣の補正なんてしたことがないぞ。think
ということで、昔ワタシの浴衣を縫ってくれたことがある母に相談。
でも、ざっくりとどうするかはわかっても、ちゃんとした補正の仕方はわからないらしい。
次は本屋で立ち読み。
浴衣の縫い方や着せ方の本はあるけれど、補正の仕方が載っている本がない。
そして、最後はやはりというか、ネットで検索。
やっぱりネットはスゴい。ありました。
ネットの情報と、昔義母が補正してくれていた浴衣をお手本にして、一晩浴衣と格闘。
あーでもないこーでもないとホントに浴衣と格闘して、なんとか補正できた。confident

「かんたんに着せられます。」
なんてよく書いてあるけれど、それは、浴衣の知識がある人か買った浴衣がピッタリサイズのときの話だなあと思った。
着せること自体は簡単だけど、初心者マークのワタシには着せるまでが大変でした。
どこのお母さんもそうしてるのかなあ。
みんなエライなあ。。。

そして盆踊り当日。
娘はウキウキして出掛け、楽しんで帰ってきた。
背中にブスっとさした帯がちょっとゆがんでいたけれど。。。coldsweats01
まずは、浴衣を無事に着せることができて一安心のワタシでした。

浴衣

eye昨晩は、娘の通う小学校で盆踊りがあった。
今年は娘は友達と浴衣で行く約束をしたらしい。
そこで浴衣を用意しなければならなくなった。

今まで夏祭りというのにほとんど行ったことがないので、娘の浴衣はない。
5年ほど前に義母が買ってくださったのがあるけれど、当然サイズは小さい。
やっぱ買わなきゃならないなあ。

ということで、まずはリサーチ。
オークションをのぞいてみる。
1、2度着ただけの浴衣とか安くてないかな。。。eye
しかし、最近のオークションはショップが入っていることが多い。
ショップのモノだとほとんど新品で、店で買うよりは安く手に入る。
それは喜ばしいことだけど、おかげで、最近は子どものお古の服なんかを出品してもあまり売れなくなってしまった。
子供服を処分したいワタシとしては、そこのところがちょっと残念。

ま、それはさておき、結局「1、2度着ただけの浴衣」はほとんど見当たらず、新品の中で安いのを探すことに。
あまり時間がないので、もうすぐ終わりそうなモノに目星をつけて探す。
2つほどイイのを見つけたので、入札。
だけど、すぐにもっと高値で入札されてしまって、なかなかGETできない。
くそ~bearing
だんだんワタシも意地になってきた。
そして、そういうことを何度か繰り返した後、ようやく浴衣をGET!
始めの入札価格が1500円だったのに、GETした価格は4500円。
随分高くなってしまったが、それでも送料を入れてもお店で買うよりは安くついた。
娘も気に入ってくれて、まずは一安心。

(つづく)

カラオケボックス

初めて娘と2人でカラオケに行った。karaoke
以前から行こうと言っていたのだが、息子は恥ずかしいと難色を示し、ワタシも決してカラオケが得意なワケではないので、何となく行きそびれていた。
しかし、きょうは息子は中学校の宿泊行事でお留守。
暑い長い夏の午後をカラオケボックスで過ごすことにした。

子どもとカラオケに行ったのは過去に1度だけ。
そのとき娘は、初めてにも関わらず堂々と「となりのトトロ」を歌い上げた。
これが、結構ウマいのだ。

家から自転車で10分弱のところにあるカラオケボックスへ。
平日の昼間なので、待つこともなく入室。
早速、歌を入れる。
ワタシがドリカムを1曲歌う。note
そして、娘が今夢中のTVアニメの挿入歌を歌う。notes
こうして、ワタシと娘が交代で次々に歌う。

娘にリモコンの使い方を教えてあげると、さすが現代っ子。
歌いたい歌を的確に選び出し、ちゃっちゃと入れていく。
そして、ちゃんと歌う。
何というか、ワタシと違ってお腹からちゃんと声が出ている感じ。
音程もリズムも○。やっぱりウマい。confident

2人でガンガンに歌って、1時間30分。
結構満喫。
娘も楽しんでくれたようだ。また行こうね。

でも、
「恥ずかしいから、次もワタシと2人(orワタシと息子の3人)で行きたい。」
らしい。
いいよ。平日の昼間なら。

3度のメシ

3連休。。。
休みの日って何が大変かというと、朝昼晩と食事を考えなければならないこと。
朝、ちょっとゆっくりしたいなあと思っても、みんなが起きてくるとトーゼン朝ごはんを要求される。

ちゃっちゃと朝ごはんを用意。
ワタシもゆっくり新聞なんかを読みながら朝食time。
食べ終わって、後片付けをして、洗濯して干して、やれやれ。。。
さて、昼食は何にしよう。。。

朝食はあまり量がいらないが、昼食はそこそこいる。
食べ盛りの子どもとまだ食べ盛りのダンナさん。
ちょっと前のように「うどんだけ」とか「焼きそばだけ」ができない。
まあ、うどんを1~2玉増やせばいいんだけど。。。

そして、次は夕食。
何だか最近、レパートリーが減ってきたんだろうか。
よく作るメニューのサイクルが短いような気がする。
暑くて創作意欲が湧かないのも理由の1つだけど、安くて量もそこそこあって(簡単で)おいしいものを。。。となると、少し選択は狭まるかもしれない。

食事に気をとられていると、今度は冷蔵庫のアイスと麦茶とビールはどんどんなくなっていく。
えっもうないの!?

平日は昼食は自分1人だから、何とでもできる。
パンだけとかでもOKだし。
でもきっとウチと同じような家族構成では、どこのおウチもこうなんだろうな。
みんなエライなあ。。。

個人懇談

学期末は個人懇談がある。
去年までは、兄妹が同じ小学校だったので、時間差攻撃で1日で済んでいたが、今年からは、中学校、小学校と別々に行かなければならない。

先にあったのは、娘の懇談。
ちょうど仕事が忙しいときだったので、いつもなら早退するところを途中抜けさせてもらう。
仕事に集中していたら、流れているラジオが
「ただいま、2時15分を過ぎたところ。」
とアナウンス。懇談は2時20分から。
「きぇーーー!coldsweats02
仕事をやりっぱなしのまま、自転車ダッシュbicycledashで小学校へ。
ダッシュの甲斐あって、5分くらいの遅刻で小学校へ到着。
しかし、娘の教室は4F。
もういいやと、歩いて階段を上り、汗だくで教室へ。
必死で学校に到着したけれど、娘に特に問題はないので、懇談は10分かかるかかからないかで終了。
結局、職場を抜け出したのは30分程だった。

息子の懇談は、その2日後。
先生と、本人と親との3者で懇談。
いつものように車carで中学校へ。
参観日のようにどっと親が集まらないので、一番近い駐車場が空いていた。
余裕をもって予定時間の1時間前に出発したが、45分ほどで学校へ到着。
午後一番の順番だったので、誰もいない教室の前でぼぉっと15分。
息子にも特に問題はなかったので、懇談は10分ほどで終了。
「遠くから来てもらったのに、早く終わってすみません。」
と担任の先生に言われた。

これで1学期の(ワタシの)予定は終了。
暑~い暑い夏休みがいよいよ始まるのだ。。。sun

お久しぶり

しばらくの間、おさぼりしてました。
ついつい。。。です。coldsweats01
気がつけば、2週間も更新していなかったみたいで。。。

早いもので、来週から小学校は夏休み。
不思議なことに、行事というものは、なぜか7月に集中している。
学校のプール解放・図書室開放、盆踊り、林間学習、ピアノの発表会、英語教室の行事(林間と重なるので参加できないけれどweep)。。。
あっという間に7月は終わってしまいそうだ。

息子の通う中学校は終業式までまだ10日ほどあるのだが、明日明後日は個人懇談のためお休み。
来週は宿泊行事なので、1学期の授業はきょうでほぼ終了。
まあ、夏休みに入っても全員参加の補習があるので、こちらも7月はあっという間に終わりそうだ。

ワタシは特に予定はないけれど、子どもたちが忙しいのにつられて、気ぜわしいかな。
きっとワタシにとっても、7月はあっという間に終わってしまってるんだと思う。
でも、自分のことでも何か中身のある夏にしたいと思う。think

夏の計画

気がつけば、もう7月。
1年の半分が終わってしまったなんて、早すぎる。
で、7月といえば、夏休み。
今年は公立の小学校は土日祝日の兼ね合いのせいで、夏休みがえらく早く始まる。
逆に私立の中学校(息子の場合)は7月末から夏休みが始まり、8月の終盤から2学期が始まる。
小学校と中学校を比べるのはおかしい話だけど、公立と私立でどうしてこんなに差があるのだろうと思ってしまう。

夏休みが長い分、勉強する子は塾通い。
勉強しない子はきっと、宿題くらいしかしないだろうから、夏休みが終わるころには差が出るのはトーゼンだろう。
我が子に夏休みをどう過ごさせるかによって、違いが出てくるのかなあと思うと、正直アセる。
でもせっかくの夏休み、楽しい事も体験させてあげたいし。。。

ということで、勉強もしてもちろんしっかり遊ぶ充実した夏休みを送るべく、いろいろ計画を練らなければならないワタシなのだ。
遊ぶ計画はできつつある。
一応受験も視野に入れている娘の勉強の計画も考えなければ。
なんだか、忙しくなりそう。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »