« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

梅雨の夜中

娘は雷に弱い。thunder
小さい頃はそうでもなかった。
何年か前から×になった。
ダメになった理由はいくつかある。

理由その1
多分、ウチのマンションに落ちたcoldsweats02(と思う)からだと思う。
そのときは、割と激しい雷雨だったのだが、大きな雷がなったかと思ったら、
一瞬ではあるが、建物中をビリビリッと何かが貫いた感じがしたのだ。
確か夕食時で、家族全員がいたと思う。
全員一瞬、凍った。
ワタシも今まで感じたことのない感覚だったので、勝手に雷が落ちたと思っている。

理由その2
もうひとつ、娘に不運。
これは昨年の夏の話。
ワタシが買い物に出かけていた。
出かける前は晴れていたのに、買い物をしている間に空模様が悪くなり、雷雨。rain
これも結構激しかったようで、ウチの近所周辺が一瞬停電となった。
もちろん、家から徒歩5分のスーパーも真っ暗になった。
ちなみにそのとき、娘はひとりで家でお留守番。
ひとりで雷と停電のダブル攻撃を受けたわけだ。
これがトドメpunchとなり、娘はもう全く雷がダメになった。

それからというもの、ちょっと強いめの雨が降っていても娘はとても不安になるようだ。
夜、寝るときにちょっと強いめの雨が降っていようものならば、もうひとりで部屋では眠れない。
夜中に雨が降り出すと、目が覚めてワタシの布団へやってくる。
そういうときは、娘と同じ布団で寝ることになる。

でも。。。娘の体温は高い。
眠るとなおさら、高くなる。
そして、怖いと抱きついてくるので、ワタシはこのムシ暑い夜にときどき湯たんぽを抱えて寝ることになる。
暑いなあ。
でも怖いモノは仕方がないし。。。何ともしようがない。

最近は夜中でも雷がよく鳴っている。
昔は夜中に雷が鳴るなんてなかったと思うのだが、全く最近の天気はおかしい。
これも温暖化の症状なのだろうか。。。

兄の鞄

今日も娘が書いています。

お母さんも思っているようだが、兄の鞄が重たそう。
歩き方がヨタヨタしている。(ゴメンナサイ)
他の子は普通の歩き方なのに。。。
今日はその事について書いてみます。

お母さんによると、兄の鞄の持ち方に問題があるそうだ。
他の子は、肩掛けで鞄を持っている。
兄は、鞄をたすき掛けしている。
たすき掛けすると、鞄が足に当たって歩きにくい。
それは兄も分かっていると思う。think
なのに、どうして持ち方を変えないのかな?
もしかしたら兄はこのままでも困っていないのかな??

そのことはお母さんがちゃんと兄に言っている。
試しに、お母さんが鞄の中身とかを確認した事もある。
でも今でもたすき掛けをやめていない。
もう癖になってしまったのか、たすき掛けが楽だからやっているだけなのか。
別に理由は無く、ただ何となくやっているのか。。。
兄がそれでいいのなら、いいとしてほっといてあげよう。

次は、鞄の中身。
お父さんに言わせると、
「他の子よりもいらないものが入っているんじゃないか?」
お母さんに言わせると、
「教科書等の入れ方もあるかもね。」
そして、先ほど書いたように、お母さんが鞄の中身をチェックする。
「これをこう入れたらいいんじゃない?」
「こうしたら軽く思えるかも!」
こんなことをしていた。

「どう?軽く思えるかな?」
「ましになった。」
よく分からなかったが、兄には好評だったhappy01
教えてよかったかもしれない。

今もその掛け方やモノの入れ方をしているか分からない。
でもお母さんが教えてあげれる事は教えてあげたそうだ。
お母さんはそれだけで満足している。
それは、私にとってはハッピーエンドなのだconfident

ハハのつぶやき(本人)

中学校から帰宅してからの息子の行動。
1 パソコンをいじる
2 夕食
3 入浴
4 勉強
5 TV

いちばん時間的に長いのは、やっぱり
「4 勉強」
とにかく進度が速いようで、毎日きっちり復習しないと、ハナシにならないようだ。
入学前から、いや、中学受験をすると決めた時からわかってはいたことだけど、思っていた以上に勉強が忙しいようだ。

本人がいちばん手こずっているのが、英語。
毎日毎日たくさん単語を覚えなければいけないらしい。
単語カードを作り、部屋でブツブツ声を出して、単語の暗記に励んでいる。
英語の先生(担任の先生でもあるのだが)によると、
「公立の中学校の3倍」
の進度で勉強しているらしい。
単語が覚えられないときの息子の顔は、結構悲惨かも。

もちろん進度が速いのは英語だけではない。
数学だって、宿題がたくさん出るらしい。
休日もたくさん出る宿題のことが気になったりしているようだ。
毎日毎日、こんなに勉強に追われて、大丈夫なんだろうか。。。
と心配してしまう時もある。

「学校は楽しい?」
と息子に尋ねると、
「楽しい」
という返事が返ってきた。
確かに、参観日にクラスの様子を見ていても、子どもたちの顔に悲愴感はない。
みんな元気で、楽しそう。

「自分のときはどうだったかな?」
と考えてみる。
公立の中学校だったけれど、週に3回は6時から10時頃まで塾に通っていて、家では塾の宿題をやって。。。
でもしんどいかというと、そればかりでもなく、楽しい思い出もある。

そう思うと、息子の勉強量が特に多いかというとそうでもないのかな。
パソコンをいじったり、TVを見る時間も、多くはないが確保されているし。
ひたすら家で勉強しているから、すごーく勉強しているように思えてくるだけなのかもしれない。

疲れたときはちょっと、ペースをゆるめて、元気になったらまたペースを少し上げて。
そんな感じで、やっていければいいのだろう。
そういうことにしておこう。

きのうの補足

昨日のブログは全く全て娘が書いた。
ワタシがパソコンの前でブログのネタに悩んでいる間にささっと書いてしまったのだ。
せっかくなので、公開してあげた。

ブログを書くのにワタシは最低でも30分かかる。
何度も何度もチェックして、文章がヘンじゃないかとか、誤字脱字はないかとか、ここに入れる絵文字はこれでいいんだろうかとか、結構悩んでしまうのだ。
そして、ネタ切れ。。。
なので、娘が書いてくれて、そしてこうして補足ネタができたので、結果オーライとなったのだった。

実は娘もブログを始めたいと言っている。
だから、今回お試しブログができたと本人は喜んでいる。
なので、今後こうして時々お試しブログさせるかもしれませんが、よろしくなのです。

娘のつぶやき(ママ風)

息子は一日中勉強に追われている。pencil
それが中学生なんだろうけど、何かカワイソウだ。
まあ、本人は「学校は楽しい。」と言っているけど、娘は大変そうとしか思わないそうだ。
フツーの中学生って、こんなに勉強しているのだろうか?

息子は、一日1時間30分くらい勉強をしている。
でも、他の人はもっとしているそうだ。
息子は、このままでもいいのかな?
ついて行けなくなったりしないのかなあ。。。think

本人はちゃんと授業にはついていけるそうだが、
英語の授業ペースがすごく速い。
他の人がどんななのかは知らないがちゃんと出来ているのだろう。
あいにく息子の知り合いで息子と同じ中学に行っている人は少ない。
それに、ワタシも息子の中学校生活が始まるまで、
こんなに厳しいとは思っていなかった。

ワタシはその中学校をなめていたのかな。。。?coldsweats01

そんなつもりは全然無かったのだけれど、
もしかしたらそうなのかもしれない。(ゴメンナサイ)think

これからは、ワタシもいろいろ勉強しなければならない。
ワタシも息子と一緒に勉強しようかな。。。

海遊館

梅雨に入ってジメジメうっとおしい毎日。
何となく毎日忙しくて、それなりにストレスもたまってて、だから何となくイライラしてて、「性格悪っ」と自分でも思う言動が多くて。。。downdespair

これはきっと何かして気分転換というか、発散しなくちゃいけない。

ということで、この週末久しぶりにお出かけすることにした。
ちょうどよく、息子も土曜日は学校がお休み(「家庭学習日ですよ」と担任の先生にはクギをさされていますが)だし。
息子も毎日毎日勉強勉強で、ガス抜きしてあげないと。
娘も最近お出かけしていないから、楽しませてあげたい。

さて、どこへ出かけよう。。。
ボーっとできて、ゆったりした気分になれるところがいいナ。
ということで浮かんだのが水族館fish
大阪なので、必然的に海遊館に決定。
娘は初めはもっと遊びまわれるところがよかったらしいのだが、今回のお出かけのテーマを「癒し」catfaceと勝手に決定したので、水族館に決めた。
ちなみにダンナさんはお休みではあったのだが、あれこれ忙しそうだったので、今回のお出かけはキャンセル。

最寄り駅の途中のコンビニで入場券を買う。
大人だと100円割引、小中学生は50円割引らしい。
堅実にここは節約。たかが200円されど200円。
地下鉄を乗り継ぎ、大阪港の駅到着。
昼前だったので、先に昼食を済ませてから入館。

ご存知の方も多いと思うけれど、海遊館は建物の中に大きな水槽がどーんとあって、上から順に降りながら鑑賞するようになっている。
どの魚も動物たちもゆったり泳いでいて、キモチよさそう。。。
ヒラヒラと泳ぐエイ。たくさんの魚を連れているジンベイザメ、大きな水槽を上に下に泳ぎ回るアザラシやペンギン、お尻をしきりにかいているラッコ。。。
きっとお魚さんたちには、毎日急がなきゃならないことなんてないんだろうな。

子どもたちも今までのなかで一番ゆっくり見て周っている。
今回みんなの人気をさらったのは、マンボウ。
ポテッとしていて丸みがあって、動きもゆっくりで、顔もよく見るとなんだかカワイイ。
タコがガラスに張り付いてにゅるにゅる動いているのも、目が離せなかった。
娘は「ポーなんとか」(娘談:ポーキュパインフィッシュ)というフグのようなハリセンボンのような魚が気に入ったらしい。

ゆっくり時間をかけて周った。
ショップでジンベイザメのキーホルダーと、マンボウのマグネットを買った。
楽しかった。heart02
またイライラしたら、行くことにしよう。

外反母趾

ワタシの右足は外反母趾だ。
やっぱり昔々会社勤めをしていた頃にヒールの靴をはいてboutiqueあちこち歩き周っていたからだろうか。
ときどき痛くなったりしては湿布してみたり、外反母趾用のサポーターをしてみたり、地味~に努力はしている。

しかし、最近また少し右足が気になる。
見れば見るほど親指の付け根の部分が出っ張っているように見えて。
そう思えば思うほど痛くなってくるような気がして。despair

やっぱりカカトの高いサンダルはやめた方がいいよなあ。
…幅広の背の低いサンダルを購入。
フィットネスで走るrunのもよくないのかなあ。
…でもせっかく走るのに慣れてきたし、やめるのはイヤだなあ。

で、また湿布してみたり、サポーターしてみたり、テーピングしてみたり。
ネットであれこれ調べてみてもそんなにコレッていう解決法もないようなので、やっぱり地味~につきあっていくしかないのかも。think

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »