« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

送り迎え

私立の学校に通わせるにあたって、親が覚悟しないといけないこと。
それは「送り迎え(by車)」。
もちろん、普段の登下校は普通にさせる。
寝坊して電車に乗り遅れようが、それは自己責任。
でも、そんな理屈が通じないトキもあったりする。

ウチはスクールバスを利用しているのだが、スクールバスは公共交通機関のようにちょこちょこ運行されているわけではない。
乗り遅れるとOUTなのだ。

息子が中学に入学してから今まで
「迎えに来て」
と電話があったのは3回。

初めて電話があったときはちょっとした騒動になった。
あれは入学して間もない頃の話。
娘のピアノのレッスンから帰ると、ケータイに留守電が入っている。(ケータイ鳴ってるのに気がつかなかった。。。)
「迎えに来て」
という息子のメッセージが入っていた。
メッセージの入った時間から既に30分程経っている。
まだあと1本バスが出るはずなのに、息子が電話をしてきたのは何かあったからではないかと思ったワタシは、あわてて学校へ問い合わせた。
しかし、担任の先生のお話では特に変わったことは何もない様子。
それでも心配だったので、先生に校内を一応探してもらった。
でも息子は見つからず。
「最終のバスで帰ったかもしれませんね。」
ということになり、しばらく息子の帰りを待ってみることにした。

それから約40分後。
息子は最終のバスで何事もなく帰ってきた。
最終のバスまで1時間近く待たなければならなかったので、電話をしてきたらしい。
もちろん担任の先生には「お騒がせしました。」と連絡を入れ、事なきを得た。

2回目の電話はとある土曜日。
その日は最終のバスに乗れなかったので、迎えに行った。
3回目は用事があって、タイムリミットがあったので、迎えに行った。

もちろん、スクールバスを利用しなくても帰ることはできる。
ただ、時間が30分ほどと交通費が余計にかかってしまうだけだ。
どうしても迎えに行ってあげられない時は、そっちを利用してもらうこともあるだろう。
まあとにかく、子どもを遠くの学校に通わせるには、「送り迎え」の可能性を覚悟しておいた方がいいかもしれない。

扇風機

やっと扇風機を出した。
もう5月も終わりだし、じめじめ梅雨が始まるし、いつもならもう出しているのに、なんだか日々の忙しさにかまけて出さずにいた。
しかし、さすがにお風呂上りは暑い。
お昼ごはんにラーメンやうどんを食べると、暑い。
外から帰ると、暑い。

押入れから扇風機の入った段ボールを取り出し、中身を取り出し、組み立てる。
そして、スイッチオン。
心地よい風が吹く。
今頃がいちばん扇風機の風が心地いい。
もうちょっとすると、扇風機の風が生ぬるーくなってしまうのだ。despair
ああ暑い暑い大阪の夏がやって来るんだなあと、少ーし気が重くなってしまった。down

鉛筆削り

久しぶりに鉛筆を削った。pencil
鉛筆削りではなく、カッターで。
削り始めると結構楽しい。
削っているうちに
「鉛筆削りで削ったように、滑らかに」
なんて目標をたてたりして。
そして美しく削れると、とっても満足heart

すると、娘が
「わたしも削りたい」
と言い出した。
娘もワタシに似たのか、ちまちまと作業をするのがスキだ。
削らせてみる。

黙々と娘は鉛筆を削る。
結構上手だ。
ちょこっとだけ除いていた芯が、たくさん見えてきた。
尖らせてやろうと思ったのか、娘はまだやめない。
「ポキン」
芯が折れた。やり直し。

また芯が頭をのぞかせた。
尖らせてやろうと思ったのか、娘はまだやめない。
「ポキン」
また芯が折れた。
ムキになる。ハマってしまったようだ。
しかし放っておくと、鉛筆が短くなるばかりなので、ほどほどにやめさせた。
でも、娘は楽しかったようだ。

子どもに刃物を持たせるのを怖がる人も多い。
最近は彫刻刀も刃先に滑り止めみたいなものがついていて、ケガをしないようにできているものもある。
ケガをしないようにすることも大切だけど、危ないものを注意して安全に使う方法を教えることも大切だよなあと思う。think

中学校生活

夕方、娘の習い事が終わって帰宅すると、息子がリビングでグダ~っとしている。
まだ制服を着たままで、ちょっと前に帰ってきたモヨウ。

「きょうはツイてないわぁ~」

きょうの書写の授業で、息子は必要なプリントを忘れてしまったらしい。
罰として、授業を受けさせてもらえず、教室の後ろで反省文を書かされたらしい。
そして、そのことを担任の先生に報告させられ、愛のムチ(ゲンコツ。)をいただいたそうだ。
まあその他にもいろいろあったみたいだけど。

私立の中学校のせいだろうか、結構キビシイなあ。
ワタシ自身は公立中出身だから、学校で先生が生徒に反省文書かせるとかゲンコツをコンとか見たことがない(塾ではよく頭をハタカレましたが)。
きっとまあ今の公立中もそうだろうね。
そんなことをすると、先生は後でヒドい目に合いそうだし。

勉強もやっぱりキビシくて、例えば英単語のテストを1問でも間違えると再試験らしい。
息子は毎日のように
「英単語がぁぁぁ。。。」
と嘆いている。

そんな話ばかりを聞いていると、生徒たちもピリピリしてるんじゃないかと心配になるのだが、息子に聞くところによると、そうでもないらしい。
受験をする前にオープンスクールにも行ったりしたが、みんな元気で明るかった。
息子の通っていた塾の先生も、そんなピリピリした雰囲気の学校ではないとおっしゃっていた。
親が心配しすぎなのか、子どもたちがたくましいのか。。。
マジメで落ち込みやすかった息子も、ゲンコツくらったにもかかわらず、英単語を覚えるのが大変にもかかわらず、元気だ。

そんな様子を見ている娘が、ちょっとヒキ気味だけど。。。

母の日2008

今年も母の日がやってきた。
イベント(&プレゼントpresent)が好きな娘はずっと前に
「母の日は何が欲しい?」
と尋ねてきた。
娘のお財布事情はなんとなくわかるので、
「3色の水性ボールペンがほしい。」
とお願いした。
ウチはなんだかボールペンの消費が激しい。
インクがなくなったり、ボールペンそのものがなくなったりして、欲しいときにないことがちょこちょこあるのだ。

でいただいたのは、かわいい水玉模様の水性ボールペン3本。
おまけに、伸ばすと30cmになるものさしもくれた。
家で仕事をするときに、短いものさしと長いものさしが要ることが多いので、これは役にたちそうだ。
娘の心遣いがうれしかった。

息子は男の子だし、ハハにプレゼントは恥ずかしい年頃だろう。
と思っていたら、
「はい」
と本屋さんの袋をくれた。
中にはチェックはしていたものの、まだ購入していない本が。。。
「オレも読むけどな」
と手渡してくれた。
突然プレゼントをくれたので、こちらもちょっと感激。

20080511213150

夕食restaurantは去年の母の日同様、娘がエビフライを作ってくれた。
最近料理をしていないので、途中ちょっと失敗しそうになったけれど、大丈夫。
ちゃんとおいしいエビフライができた。

今年も楽しい母の日を過ごすことができた。
ほんとうに、感謝。confident

きょうは息子の13歳のバースデー。birthday
さて、プレゼントpresentは何にしよう。。。
相変わらず、特に欲しい物もなさそうだ。

中学生って何を欲しがるのだろう。
おもちゃという年頃でもないだろうし、ゲームもそんなにするわけでは(最近ゲームをする時間もない)。
となると、ケータイmobilephoneとか、ミュージックプレーヤーmusicとかかな。。。
でも、どちらも今欲しそうでもない。

そんな時は、本。
本人も、本がいいということだし。
しかし、実は先日娘がプレゼントに文庫本を買っていた。
娘が本なのに、ワタシ(たち親)も本でいいのか?
心配してそこも本人に聞いてみたが、本でいいらしい。
読書好きで良かった。
ちなみに、ワタシは新書4冊とハードカバーの本1冊を買ってあげた。
先日もらった本と合わせて、この連休に息子がGETした本は7冊。
でもすでに1冊を読み終えている。eye
いやあすごいなあ。。。

その読み終えた1冊をワタシも読み始めたが、まだちょっとしか読んでいない。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »