« 新学期の朝と晩 | トップページ | お弁当 »

エリーゼのために

娘は最近ピアノ教室で「エリーゼのために」を教わっている。
ピアノを習い始めてからずっとカワイのテキストでレッスンをしている。
だから正直なところ
「バイエルでいうとこれくらい、ソナチネだとこれくらい」
という基準がわかりにくいので、娘の今のレベルがどのくらいなのかがわからない。

娘が「エリーゼのために」の楽譜をもらってきたときには、少し驚いた。
テンポの速いところもあるし、和音の難しいところもある。
今までの娘の発表会や、コンクールで練習した曲よりは難しそう(に思える)。
毎日毎日ピアノを弾くわけではない娘がそんな曲を弾けるんだろうかと思ったのだ。

でも実際にレッスンが始まると弾けている。
知っている曲だから、練習も頑張る。頑張るから弾けるようになる。
ピアノの先生曰く
「きれいに弾けている」
らしい。

確かワタシが子どもの頃に「エリーゼのために」を教わったのが小学校4~5年の時だったと思う。
今の娘と同じ頃だ。
そうか。成長してるんだなあ。

« 新学期の朝と晩 | トップページ | お弁当 »

子育て(小中学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新学期の朝と晩 | トップページ | お弁当 »