« ビンボー症 | トップページ | きょうのメニュー »

保護者ガイダンス

今春息子の進学予定の中学校の保護者ガイダンスがあった。
今後の予定と、入学までにしておく事などの説明があった。

学校へ到着すると、まずは春休みの宿題の教材を購入。
国語、算数(数学)、理科、社会の4教科の問題集が入っていた。
量は多くはない。
とにかく、
○小学校の復習をしっかりしておくこと
○英語は特に予習しなくてもよい
ということだそうだ。
英語は変に知識のない方がいいそうである。
英語に若干不安を感じているらしい息子には朗報だ。

生活面では
○学校が始まった時のために、今から生活のリズムを整えておくこと
と言われた。
家を出る時間をまず決めて、次に起床時間、就寝時間を決めてリズムを作っておいてくださいとのこと。
ざっくり考えると、ウチの場合は朝は今より約1時間早く家を出ることになるから、今より1時間早く起きなくてはいけない。
いきなり1時間シフトすることはきっとツライだろうから、やっぱり徐々に慣らしておかないとね。ごもっともな話。

とまあ、こんな話で1時間終了。
あとは先日注文をした制服を受け取って、スクールバスの定期券を購入して終了。

家に帰って早速制服を試着。
紺のブレザーに赤いネクタイ、グレーのチェックのパンツ。
制服を着た息子はもう小学生ではない。
もう立派な「そこらへんにいるお兄ちゃん」だった。

そして、少しだけ宿題の問題集に取り組んでいた息子だが、受験が終わって2ヶ月近くたつと、えらいもので忘れてしまっていることもあるようだ。
やっぱり人間、頭も体も使い続けなければいけないんだなあ。

« ビンボー症 | トップページ | きょうのメニュー »

「中学受験」カテゴリの記事

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビンボー症 | トップページ | きょうのメニュー »