« きょうのメニュー | トップページ | 卒業式 »

娘の試験

先日のブログで娘自信も中学受験をしてみたいと思っていると書いた。
しかし、その後勉強量が増えたかというとそうではない。
「違う問題でもしようか。」
と声をかけてみてもノリ気でない。
それでも娘は中学受験をしたいのだろうか。。。またまた聞いてみた。
「する」のだそうだ。

しかし、娘は息子ほど自分から机に向かう事はない。今のところ。
本も読まないわけではないけれど、家で読んでいるのは主にまんが。(ワタシはまんがも好きですが。)
さて、そんなんで大丈夫なのだろうか。

ということで、今の娘の力とはどんなものかを判断するために、五木の模擬試験を受けることにした。
これをきっかけに何か意識が変わるかもしれない。
試験前日は、ワタシ(と息子)の心配をよそに、特に勉強もせず。
そして試験当日、まさに出かけるその時に
「えんぴつ削らな!!!」
とえんぴつを削り出す。
とてもマイペースだ。ま、それもいいか。

試験は特に問題もなく終わり、昨日結果が返ってきた。
塾へ行っているわけでもなく、必死で勉強をしているわけでもないが、成績は思ったよりは良かった。
試しに書いてみた志望校もそこそこの順位。
まだ新5年生初の試験なので、受験者数は少ないし、どこまで信頼できるのかはわからないけれど。

でもやっぱり算数の成績は良くない。
家で和差算やったくらいだしなあ。
塾でせっせと勉強させた方がいいのかもしれないけれど、自分でも本を読んだり、学校の宿題以外の問題集をちょっとやってみたり、くらいのことができないと、ただつめこむだけの勉強になりそう。
受験はそれで成功するかもしれないけれど、塾は中学に入ってからのことまでは考えてはくれない。

でも、課題がなければ勉強しないのは子どもらしいことで、追い詰められなければ勉強しないというのも性格かもしれない。
ピアノも英語もまだやめたくないという娘。
娘に合った勉強の仕方を考えていかなくちゃならないなと思う。

« きょうのメニュー | トップページ | 卒業式 »

「中学受験」カテゴリの記事

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きょうのメニュー | トップページ | 卒業式 »