« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

スニーカー

息子の足がどんどん大きくなってくる。foot
半年程前に購入した25.5cmのスニーカーがもう小さいとのこと。
買いに行かなければ。。。

娘の足はここ2、3年あまり変わらない。
しかし、昨日の大雨でびしょぬれになったスニーカーをドライヤーで乾かしていたら、底に少し穴が開いている。
買いに行かなければ。。。

ということで、近くのスーパーへ。
きょうは、5%offの日なのだ。
子どもたちは遊びに出かけてしまったので、ひとりで出かける。
一応子どもたちには「ワタシの選んだモノでいい」という了承を得ている。

まずは、子どもの靴売り場で、娘のスニーカーを物色。
色とりどりのスニーカーが並んでいる。
さて、どれにしよう。。。
ここで1つ懸案事項。
ワタシの好みと娘の好みがビミョーに(それとも結構?)違うのだ。
過去にワタシが勝手に選んで、娘が難色を示したことは何度もある。ng
それでもワタシが譲らなければ、そのモノは日の目を見ずに終わってしまうことも多い。
もし、気に入らなかったら、また交換とかしなきゃいけないのかなあ。。。
。。。そんなことを考えてたら、買えなくなってしまった。think
やっぱり、娘に選ばせよう。。。

次は、大人の靴売り場で、息子のスニーカーを物色。
こちらはサイズさえOKならば、特に奇抜なモノを選ばなければ大丈夫。
無難なスニーカーを選んで、購入。
男子は、ラクだ。
ま、もちょっと大きくなったら、NIKEがいいだの、adidasがいいだの言うかもしれないけれど。。。

ちなみに、ワタシが今フィットネスで履いているスニーカーは息子が1,2年程前に履いていたadidas。
でも、もう息子の足は26cmだから、履けなくなってももうお下がりはできないなあ。残念。

Wii。。。

きょうは、久しぶりに家族で出かけようかということになっていたのだけど、最近忙しいダンナさんの仕事が押してしまって、きょうは中止。
別にダンナさん抜きで出かけても良かったんだけど、予定地が実はダンナさんも行きたい場所だったので、やめることにした。

じゃあきょうは、何をしよう。。。think

と思いついたのが、「Wiiを買う」ことだった。
ずーっと前から気にはなっていたものの、しかしそんなに必要なモノなのかと考えるとそうでもないし。。。ということで、なかなか購入するに至らなかったのだ。
でも、息子も受験が終わったし、ご褒美も兼ねて買うことにした。
ご褒美といいながら、息子と娘からは少しずつ、代金を徴収したけれど。

勇んで近所のトイザらスへ出かけたのだが、残念ながら、本体は品切れ中。
ここがダメならきょうはあきらめなきゃならないかなあ。。。
と思いながら、同じ建物内にある某大型スーパーへ。
ありました。ココには。happy01
本体と、リモコンとヌンチャクと、ソフト1本を購入した。
WiiFitは今回は見送り。

さて、接続。
もうすぐ中学生の息子に任せたら、ちゃーんと接続してくれた。
さあゲーム開始!!
しかし、ここでアクシデント発生。メモリカードを買うのを忘れていたのだ。
これでは、ゲームの記録ができない。。。

しかし、やっぱり近くにショッピングセンターがあってよかった。
息子が自ら買いに出かけていった。
しかし!またまたアクシデント発生。
所持金が足りなかったのだ。。。crying
しかし、何としてでもゲームをしたい息子は、しっかりお金を持って再度ショッピングセンターへ。
無事、メモリカードを購入して、無事ゲームをスタートさせることができたのだった。
めでたしめでたし。

ちなみに、息子がメモリカードを買いに行っている間、娘と2人で息子の顔を作って遊んだ。
なかなかそっくりな出来栄えに、当の息子も大ウケだった。
ダンナさんには
「ジャイアント白田みたい」
と言われたけど。。。(それも似てるeye
でも、息子はジャイアント白田には似てません。

和差算

息子の受験が終わって1ヶ月。
息子は今、残りの小学校生活をのびのびと(?)過ごしている。
早くも
「英語どないしょー」
とアセっているけれど。

さて、次は娘。
娘は受験をしたいと思っているだろうか。尋ねてみた。
「できれば、受験してみたい。」
そうだ。
じゃあ、準備はしておいた方がいい。

とはいえ、まだ何にもやっていない。
とにかく
「本を読みなさい。」
とだけは、前から言ってある。
読解力はどの教科にも必要なことで、息子が遅いスタートでも受験を乗り切れたのは、読書好きだったことが幸いしていると思う。

先日、娘が息子が使っていた文章題の本を持ってきて
「これ、教えて」
と言った。
ちょっと前のblogでも書いた、「文章題パワー解法163」というつるかめ算やら過不足算やらがやたらと掲載されている本である。

娘がヤル気になっているので、やっぱりここは教えてあげないといけない。
しかし、この本はいきなり中学入試の問題ばかり掲載されているので、ちょっと難しいかな。
なので、息子の使っていた別の算数の参考書を使って教えてあげることにした。
まずは「和差算」
一番簡単な例題を説明して、考えさせてみる。。。理解できたようだ。
で、次に簡単な問題を解かせてみる。。。解けた。
少しだけ、応用問題。少しヒントを与えてあげると、解けた。
さらに応用問題。。。と思ったら、まだ学校で教わっていないことが出てきたので、断念。
しかし、頑張れば娘もできそうだという手ごたえがあったので、ヨシとしよう。

1時間ほどの勉強だったけれど、娘はへとへとになっていた。
こんな感じで、しばらく基礎固めかな。

雑穀ご飯

ウチはときどき「にんにく卵黄」を食す。
カゼ気味でちょっとだるい時、低血圧でちょっとしんどい時に飲む。
即効性はないのだけど、なんとなく栄養剤気分でお世話になっている。
効いているのかどうかはわからないのだけど、少しは元気に過ごすことができる気がする。

先日、にんにく卵黄の残りが少なくなってきたので、1袋購入するついでに、「十六雑穀」を購入してみた。
TVコマーシャルでも最近よく見かけるアレです。
麦飯とか雑穀ご飯とか、そういうものって食べたことがないのだが、「食べにくい」とか「クセがある」というイメージが少しだけあった。
でも、コマーシャルを見ていると少しおいしそうに見える。(既にここで、メーカーさんの罠にかかっているワタシ。)
そこで、家族にリサーチ。
「雑穀ご飯食べてみたい人ー?」
その結果購入することになった。
お試しサンプルもあるのに、いきなり購入してしまった。

「2合のお米に1袋を混ぜて炊く」と書いてあったが、まずは試しというか、慣らしというかで、3合のお米に1袋混ぜた。
50分後。
炊けたご飯は、特にクセもなく、もちもちしていて、食べていて邪魔に感じるものもなく、おいしく食べることができた。
好き嫌いの多い娘が食べるかどうかが心配だったが、特に問題もなかった。
ほっ。
これで、また1品楽チンできるゾ。
何だか、体にもよさそうだし。

積雪

ここ大阪では、きょう朝10時頃から雪が降り始めた。
大粒で大量の雪。
大阪ではとても珍しい。
前々からたくさんの雪が見たいと言い続けている娘は、もうワクワクしている。
「積もったらいいのにな。」

しかし、どんなに降ってもなかなかつもらないのが大阪の雪。
きっとすぐに止むだろうと思っていたら。。。
みるみる間に積もってしまった。
ベランダから見える家々の屋根がどんどん白くなっていく。
雪は一向に止む様子はない。
娘の目がキラキラしてくる。

結局大阪では5cmの積雪となった。
はしゃぐ娘を横目に、ワタシはこたつでのんびり。
ゆきだるまを作ればよかったかな。
せっかくの珍しい雪なのに、「ぬれるのがイヤだな」とか考えてしまった。
これってワタシの遊び心が減ってしまったのだろうか。ちょっと自分に残念。

それにしても、ウチの周りでもはしゃぐ子どもを見かけなかった。
何年か前に少ーしだけ積もったときは、マンションの前で子どもたちが遊び回っていたのに、今年は誰一人遊んでいない。
静かだ。
遊び心が減ってしまったのは、ワタシだけではないのかもしれない。
何だか、残念。

娘の悩み

娘が最近ちょっとヘンだ。
何かとネガティブなのだ。
そして、何かと落ち込みやすい。

よくよく話を聞いてみると、どうもワタシの息子に対する態度と、娘に対する態度がビミョーに違うと言う。
例えば、ワタシが新聞を読んでいるとき。
息子はわざと新聞を小刻みにゆさぶって邪魔をする。
ワタシは「やったなあ」という反応をする。
娘が同じことをする。
そのときは、たまたまワタシが集中して読みたかったからだと思うのだが、「やったなあ」ではなく、「ちょっと後にして」という反応をしてしまった。
娘からすると、どうしてワタシの反応が違うのかということになる。

そういうことが、たまに(ちょこちょこ?)あるようで、娘は傷つくのだ。
ワタシと息子がジャレているととても楽しそうに見えるらしい。
言い訳をさせてもらうと、息子と娘とでは、イタズラするタイミングというか、マ(関西的)というか、ツボというか。。。がビミョーに違うので、ワタシの反応もついつい違ってしまうみたいだ。
そう説明したけれど、娘にはピンとこない(当り前か。。。)
でも、娘が傷ついているのも事実。
ちょっと気をつけなければいけないかな。

ここのところ、どうしても息子に手がかかる状態だったので、淋しかったのだろうか。
そのせいか、最近娘はとても甘えん坊さんだ。
ワタシとお風呂に入りたがるし、夜はワタシと寝たがる。
ヒマなときは、ワタシの後ろをくっついて歩き、ピトッとひっついている。
まあ、小さい頃からずっとこんな感じだったから、とりたててあわてることもないんだけど。

当然、息子と娘を区別して扱うつもりはサラサラないし、娘にとって必要な事はもちろんするつもりだ。
いっしょに雑貨屋めぐりをしたり、楽器を演奏したり、娘とワタシと共通の趣味だってある。
ワタシはそれが楽しいし、そこで娘とイイ関係が作れたらいいなと思っている。
だから、心配しなくたっていいのにね。
でも、そういう目に見えないことはわかりにくいのかもしれない。

昨日は、ダンナさんが出張でいなかったので、夜一緒に寝る事にした。
娘はとても喜んだ。
そのせいかどうかはわからないけれど、きょうはいつもの元気な娘だった。
やっぱり娘は元気印なのがいい。

制服採寸

1週間前の話ですが。

無事中学受験をのりきった息子の学校で、制服の採寸があった。
必要な制服、靴、かばん、etcの申し込みをしなければならない。

学校へ着くと、既に人だかりが。
まずは、申し込み用紙に氏名住所etcを書き込み、列に並ぶ。

①採寸
息子のサイズをひととおり測る。

②上着試着
ずらっと並んだ上着のサンプルの中から、息子の体格にあった上着を試着。
息子はとても細身なので、身長にあわせた上着を着るとぶかぶかだ。
ま、今に始まったことではないので、こんなものかな。

③小物の予約。
シャツ、ネクタイ、靴、ベルトetc必要なものをチョイス。
一応制服屋さん(?)が、大体要るものを選んでくれる。
ネクタイは、自分で結ぶものと、既に結んであるものがあった。
自分で結ばせようと思ったが、とりあえず、初めてなので結んである方にした。
靴も、普通の黒のローファーなのだが、革にしますか?(雨にも強い)合成皮革にしますか?と聞かれ、困ってしまった。
半年に1度サイズが変わる息子の足のことを考えると、とっさに安い方にしてしまった。
でも後で靴のサイズを測るときに、革の靴を購入している人が多かった。
革靴の方がよいのはわかっている。
そして、冷静になって考えてみると革靴もそんなにお高いものでもなかった。
革靴にしておけば良かったかなあ。。。
でも、結局変更するタイミングを失ったので、合成皮革の靴になった。

④かばん、ベルト、名札購入。

⑤靴、上ばき、体操用の靴のサイズ測定。
上ばきはゴムの草履なのだが、長くて細い足なので、サイズ選びに苦労する。
長さに合わせると幅がぶかぶかだし、幅に合わせると長さが今ちょうどピッタリサイズになる。
「細っい足やなあ。」
おじさんもびっくりしていた。
結局、ぶかぶかで脱げてばかりでもいけないので、幅で購入した。

⑥体操服試着
長袖、半袖、ひととおり試着してサイズを決定。
頼りがいのありそうな、でもちょっと怖そうなおばさまがチェックしてくれた。
モタモタしていると怒られそうな感じではあったが、でも親切にチェックしてくれた。

⑦通学バスの定期券の申し込み
ウチから地下鉄で2駅先の所まで、スクールバスが来てくれるので、その定期券の申し込みを済ませる。
少々高いのだが、低血圧の息子にとっては一番楽に行ける方法だ。
この学校を選んだ理由も1つはこれかな。

で、無事終了。
制服と体操服以外は、この日にお持ち帰りだった。
かばん2種類、靴4種類、ベルト、名札。。。
駅まで20分。結構重かったです。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »