« 朝のあいさつ | トップページ | 好き嫌い »

今年の発表会

今年も子どもたちの通う音楽教室の発表会があった。
娘はピアノの発表会とアンサンブルの発表会。
息子はアンサンブルの発表会。

娘のピアノの発表会は8月初旬に行われた。
毎年ディズニーやジブリの曲を選んでいたが、今年はクラシックの曲をお願いした。
ゲール作曲の「蝶々」。
ほんの2、3年前は普段の練習もあまりしなかったのだが、最近はちょっとヒマを見つけるとすぐに鍵盤をたたくようになった。
練習はすればするほどもちろん上達もする。
娘のピアノはちょっと前に比べると随分上手くなったような気がする。
本番はクールな顔で舞台に臨んでいるが、実は結構緊張しているので、少しトチってしまった。
何とか立てなおすことができて、まあ無事に終了。
トチったことをくやしがっていた。

そして昨日、アンサンブルの発表会があった。
息子がドラム、娘はドリマトーン(ヤマハのエレクトーンのようなもの)。
ピアノの発表会のように厳粛な雰囲気もないし、出演者も少ない。
少しはリラックスして発表会に臨めそうな気がする。
曲はポルノグラフィティの「ハネウマライダー」。
ふたりでの発表会は今回が3回目なのだが、初めてアップテンポな曲になった。
その分、ドラムも難しそう。
家で練習をしているのを見ていても何をどうたたいているのかちっともわからない。
でもレッスンでも先生は「バッチリ!」と言ってくださるし、アップテンポな曲を演奏する息子を観たかったので、とても楽しみだった。

本番。
朝からため息ばかりの息子だったが、演奏に入るととても淡々として落ち着いて見える。
途中、娘の演奏が少し先走りしてしまったところもあったのだが、何とか修正できて無事演奏終了。
親バカで申し訳ないが、とてもカッコイイ演奏だった。
淡々と、だけどしっかりとドラムをたたく息子もカッコイイし、CMでもよく耳にしたこの曲をノリノリで弾いた娘もカッコよかった。

来年は息子も中学生となるので、今までと同じようにレッスンができるかどうかはちょっと今のところわからない。
だから、兄と妹のアンサンブルの演奏が来年も楽しめるかというのはわからない。
今年が最後になるかもしれない。
これから2人とももっともっと上手くなって、また演奏してほしいのはヤマヤマなのだが、さてどうなるやら。

« 朝のあいさつ | トップページ | 好き嫌い »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝のあいさつ | トップページ | 好き嫌い »