« 淡路島その1 | トップページ | もうすぐ夏休みが終わる。。。 »

淡路島その2

淡路島2日目。

朝6時頃、目が覚めた。
しかし、なんだか雷のような音が聞こえる。
カーテンをあけて外を見てみると、雨。
結構降っている。
この日は釣りをすると最初から決まっていたのだ。
釣りは中止かなあ。。。子どもたちはがっかりするかなあ。。。

しかし、チェックアウトする頃には雨もあがってきた。
少々曇ってはいたけれど、天気予報によるとこれから晴れてくるらしいし、やっぱり釣りをしようということになった。
福良のじゃのひれという海釣り公園へ。
ファミリーコースというのにすると、専用の釣り場で子どもでも釣れやすいよう、魚も予め放流してくれているらしい。
ワタシたちが到着した頃には、すでに1家族が釣りをしていた。
何だかどんどん釣れているようだ。
よおし、ウチも2本竿を借りて、レッツフィッシング。
鯛がいる場所と、イサキがいる場所があって、合計5匹まで釣っていいらしい。
まずは、息子とワタシが竿を持って糸をたらす。
程なく、息子が鯛を釣り上げた。
ダンナさんが慣れた手つきで釣り上げた鯛から針をとり、次のえさをつける。
次は娘の番。

しばらくして、ワタシも鯛を釣り上げた。
が、針がえらく奥の方へ入ってしまっていて(これは釣る人の引き上げが遅いかららしい。つまりワタシのせい?)、針をとるのにえらく難儀した。
そうこうする間に、娘が鯛を釣り上げた。
ダンナさんはワタシの鯛に苦戦しているので、ワタシが娘の鯛から針をとる。
「パクッ!」
一瞬、ワタシの指を鯛がかんだ。ちょっとだけ流血。うう。ワタシってどん臭いなあ。。。

鯛ばかりじゃなんなので、次はイサキを釣る。
さっきとは打って変わって、こちらはなかなか魚がかからない。
えさだけとられたりして、「うまくいかないなあ」なんて、のんびり釣りの時間を過ごす。
まだ晴れていないので、ラッキーなことに暑くない。つらくない。

結局1時間程で、30cmくらいの鯛を3匹、20cmくらいのイサキを2匹釣った。
きょうの晩ご飯は決まった。

せっかく来たのだから、もっと淡路島を堪能したい気持ちもあったのだが、
釣りの成果に満足してしまったのと、釣った魚が車にいる(もちろん、クーラーボックスにだが)と思うと早く帰って魚の処理をしなきゃという気持ちもあって、少々後ろ髪をひかれつつ、早々に淡路島を出発、家路につく。
「もったいない旅行だなあ。」と思うけれど、まあこれはこれでゆったりしていて、いい。かな。
魚をさばく力も残しておかないと。

家へ着いて休憩したあとで、家族全員で魚の処理開始。
台所中新聞紙を敷き詰め、ダンナさんと子どもたちが交代でウロコをとる。
ウロコがとれた魚をワタシががんばってさばく。
ダンナさんが釣りをするおかげで、下手ではあるけれどワタシは魚をある程度さばけるようになってしまった。

イサキを1匹丸ごとお刺身にして、鯛は半身をお刺身にして、半身はおすましに。
残りの魚は冷凍庫。
刺身を食べない娘も、自分の釣った魚は食べようねとみんなに説得されて一口ぱくっ。
おいしかったらしい。
自分の釣った魚をみんなで「おいしい」と食べたので、またまた娘は感動して泣いていた。

イベントは少ない旅行だったけど、とても楽しい時間を多く過ごせたと思う。
途中ハプニングもあったけれど、大満足の旅でした。

« 淡路島その1 | トップページ | もうすぐ夏休みが終わる。。。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ゆっくり過ごせた旅行、なんだか贅沢で
あったかくてほのぼのしました。
うちの毎年恒例のパワーあふれる鈴鹿サーキットの
旅は、だんだんより気合が必要になってきていて
かなりの体力勝負です。
余裕0です・・・。

子どもたちはますます元気になるのに、大人はだんだんしんどくなるのよねぇ。
ウチの場合は旅行の主導権は完ぺき大人なので(もちろん子どもも楽しめる所を選びますが)、ゆったりしたい大人のせいで子どももゆったりさせられてしまいます。
せっかく行く旅行、子どもに振り回されるばかりもしんどいから、お父さんやお母さんも1つずつしたい事を主張するのもいいかもね。
ダークタワーさんのところはお子ちゃまたちがまだ小さいから、そういうのって難しいかな。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡路島その1 | トップページ | もうすぐ夏休みが終わる。。。 »