« 雨降りの日の自転車 | トップページ | 布ぞうり »

母はアイスノン

4年生の娘は、下の子だからなのか、甘えん坊だ。
ヒマなときは、今でもワタシにひっついている。
ちょっと前まではだっこをせがむこともあったのだが、いくら娘が小柄とはいえ、4年生ともなるとさすがにだっこするのは重い。
ので、
「もう10歳になるからそろそろやめようね」
とお願いしてだっこは卒業してもらった。
でも、何かとワタシにくっついてくるのは変わらない。

ワタシが新聞を読む。ぴとっ。
ワタシがテレビを見る。ぴとっ。
ワタシがごろごろと横になる。ぴとっ。

娘曰く、
「お母さんはぷにゅぷにゅしていて、冷たくて気持ちイイ」
のだそうだ。

「ぷにゅぷにゅ」はワタシの二の腕のことを表現している。
否定はしない。確かにワタシの腕には筋肉はない。
そこを突かれるとちょっとイタイのだが、娘の癒しともなっているこの二の腕。
ちょっと複雑な気分だ。

そして、娘は体温が高い。
そして、ワタシは冷え性だ。
よってワタシにくっつくと、娘はクールダウンするらしい。

結果ワタシは娘の「アイスノン」なのだ。

この季節、娘は気持ちいいことだろう。
でもワタシは熱いんですけど。。。

« 雨降りの日の自転車 | トップページ | 布ぞうり »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう子供たちは、成人してしまったので、誰もくっついては、きませんし、男の子だから、しゃべりもしません、寂しいですよ、ぴりりさんの子供さんが甘えているシーンは、トテモなつかしいです。思い出してしまいました。

くっついて熱いなんて思っているうちがハナなのかもしれませんね。
そのうちくっついてなんてくれなくなるでしょうし。。。
今のうちに楽しんでおきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨降りの日の自転車 | トップページ | 布ぞうり »