« メガネ | トップページ | 歴史の認識 »

メガネ2

週末、息子のメガネを買いに行った。

最近は、フレームを選んで視力を測定するとすぐに作ってくれるお手軽なメガネ屋さんが増えた。
お値段もお手頃だ。
ワタシもひどくはないが眼が悪いので、ちょこちょこと利用する。

そんなノリでメガネを買おうと、ズラ~ッと並んでいるフレームの中からあれやこれやと息子にかけさせ、いちばん似合うものを探す。
とにかく種類が多くて目移りするのだが、かけてみるとやっぱりビミョーな違いがあって、似合ったり似合わなかったりする。
今回は、まあ初めてだし、スタンダードなフレームを選んだ。
そして、検眼。

2,3年前から息子は視力が少しずつ悪くなっているのだが、最後に眼科へ行ったときは、
「ま、(メガネは)もう少し様子をみてからでもいいでしょう。」
ということだったので、様子をみていたのだが、様子をみる期間が長かったようで、メガネ屋さんに
「結構悪いですね。」
と言われてしまった。
測定した視力は0.1位らしい。えぇ~っ!!

本来ならば0.8位の視力までにするべく、レンズの度を調節するべきところなのだそうだが、それでは今の息子には強すぎて良くないらしい。
いきなり度のキツいメガネは負担になるので、ゆるいメガネを作ることにした。
そんなになるまでほっといて、反省。。。

でも、できたメガネをかけると不自由でないくらいに見えるので、随分楽になったようだ。
「できれば(メガネは)かけっぱなしの方がよい」
らしいので、早速かけっぱなしにしている。
いきなり「メガネの●●くん」になって、イヤじゃないかなと思ったが、本人はそうでもない様子だ。
見かけを気にしないあたりは、やっぱり男の子だなあ。

« メガネ | トップページ | 歴史の認識 »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メガネ | トップページ | 歴史の認識 »