« お引越し | トップページ | ぬか床 »

荒れる小学生

息子の学年がちょっと荒れている。
学級崩壊、いじめ、暴力、などなど最近耳にする荒れた小学生の話が、現実に息子の通う小学校でも聞かれる。

息子が2年生のとき、同じ学年で学級崩壊寸前のクラスがあった。
息子はそのクラスにはいなかったが、そのときは2年生の子どもを抑えられない先生ってどやのん!みたいに思っていた。

3,4年生のときは少し収まっていたように見えたが、5年生になってまた荒れている。
隣のクラスの担任の先生が倒れた。新任の先生だった。
その次はその隣のクラスが荒れだした。担任の先生が休みがちらしい。こちらはそこそこベテランの先生。
これは先生の質とか、そういう問題ではなさそうだ。

あまりにもひどいので、PTAが立ち上がった。
先日、PTAの役員をなさっているお母さん方が、現状の報告と今後についてどうするのかという話し合いの場を設けてくれた。
校長先生と、各クラスの担任の先生が同席された。
いろいろな意見が出席しているお母さんたちから出された。
悪いことをする子どもたちに大人はどう対応するのか、ということに関する意見が多かったのだが、ワタシがいちばん印象に残ったのはある先生の一言。

「明らかに悪いのに絶対に誤らない親もいます。」
が、
「子どもだけをみている分には、どの子もいい子ばかりなんです。
忘れ物もあるし、いたずらもすぎることはある。子どもなんだから。
そんなに子どもたちのことを悪く言うと、子どもたちは悲しみますよ。」

。。。確かにそうかもしれない。
どんなに悪い子でも、いい所はあるはずだ。
(実際にいじめられたりしている子どもや親にとっては、そんなことは言ってられないのかもしれないけれど)
やっぱり、親、家庭環境、そういうところの問題になってくるのかなと思う。

赤ちゃんや小さい子どもは本当に可愛い。
どの子もみんな可愛かったはずはのに、どこでどうなって子どもは荒れていくのだろう。。。
大人はちゃんと子どもを愛さなくちゃいけないと思う。
大人はもっとちゃんとしなくちゃいけない。給食費だってちゃんと払わなきゃ!!

他にも思うことはいっぱいあるけれど、きょうはこの辺にしときます。。。

« お引越し | トップページ | ぬか床 »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

コメント

給食費の未納は益々増えていくような気がします。

「みんながやってるから私もやらなきゃ損!!」って思う人も多いと思います。
給食費の話は、聞く度にイヤな気分になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お引越し | トップページ | ぬか床 »