« 焼肉 | トップページ | プチトマト »

つるかめ算

息子の所有する本に,
「文章題パワー解法163」
というのがある。
一応中学の受験をもくろんでいるので,お勉強のために購入した。

中身を見ると。。。

つるかめ算,過不足算,旅人算。。。
ありとあらゆる計算方法が一冊にぎゅうっと凝縮されて記されている。
「何じゃこりゃあ!!!」って感じだ。

ところでつるかめ算って,何?
よく耳にするけれど,ちゃんと教わった記憶がワタシにはない。

元々は,2本足のツルと,4本足のカメがいて,
全部で●●本の足があるとき,ツルとカメがそれぞれ何羽(何匹)いるでしょう。
ということがつるかめ算の語源とか何とか。。。(間違ってても怒らないでクダサイ。。)

そこで,ワタシもじっくりとその本を読んでみる。
「1個200円のチーズバーガーと1個150円のハンバーガーを合計9個買って,1500円払いました。チーズバーガーは何個でしょう。」

中学生ならば,チーズバーガーをx個,ハンバーガーをy個として連立方程式を解くと
答えはでるのだが,小学生は連立方程式を学習していない。
xとyを使わずに答えを求めるのだ。ええっ!?

。。。とそんな事ばかりがこの本には書かれている。
難しいけれど,理解できたら面白いだろうなと思う。
理解したいので,頑張ってワタシも読んでみるが,やっぱり難しい。。。
早くもメゲそうである。
メゲずに勉強している小学生ってエライなあ。

« 焼肉 | トップページ | プチトマト »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼肉 | トップページ | プチトマト »