« 通院 | トップページ | 腹痛 »

お裁縫

1学期の末と、2学期初めにたくさん学校を休んでしまった息子。
勉強の遅れは某通信教育で補えたのだが、図工、家庭科といった普通学校以外では勉強することのない教科ができていない。
先日、
「家庭科で小物入れを作らないと、成績がもらえない」
らしく、裁縫道具と小物入れをつくる布やらボタンやらが入ったキットを学校から持って帰ってきた。
小銭入れを作るつもりらしく、すでにフェルトの裁断はできている。
あとはちくちく縫うだけだ。

慣れない手つきで息子は格闘している。
なかなか思うようにいかないらしく、
「キーー!!」
と怒り出しそうになりながら、縫っている。
こっちまで、つられて
「キーーー!!!」
となりそうだが、ガマンガマン。コツをつかめば息子も静かになるだろう。

そうこうしてできた小銭入れはとても縫い目の細かい、素晴らしい出来だった。
そりゃあ、ここまで細かい縫い目じゃあ「キーー!!」となるわけだ。。。
最後の方は、本当にコツがつかめてきたようで、縫い目もキレイにそろっていた。
慣れた頃に終わってしまって、息子もちょっと残念そうだった。
仕上げにボタンをつけてできあがり。ついでに飾りボタンもひとつつけました。

それを見て、娘も作ると言い出し、家にあったフェルトをひっぱり出してきた。
娘の方が息子よりはお裁縫のキャリアは上だ。
息子のやっている手順をまねて、ジャジャーンと作ってしまった。
縫い目が息子のそれより倍以上あるが、それはそれで娘らしい。
ボタンをつけて、名前のイニシャルをアップリケして完成。

小銭入れひとつ作っても、それぞれの性格が出る。
モノを作るって面白いなあ。

Photo_2 ←息子作 2←娘作

« 通院 | トップページ | 腹痛 »

「子育て(小学生)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通院 | トップページ | 腹痛 »