« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

とうとう。。。

きょうはワタシの話。
ワタシは社長以下パート6人のプチなジムショでDTPオペレーターをしている。
女ばかりの職場だが、ごちゃごちゃとこうるさい人はおらず、悩み事なんか語ったらみんなでいろいろアドバイスしてくれたりする男前な職場である。

そのうちのひとりがきょうで退職することになった。
とても勉強家で、何だかいろいろいっぱい苦労もしているが、だけど明るくって姉御肌の人だ。
その人の息子さんも(その人もだが)低血圧な人で、ワタシの息子の話をよく理解してくれる人だった。
仕事においても、彼女しか理解していないこともたくさんあって、ジムショでも頼りにされている人である。
みんな口には出さないけれど、ショックは大きいと思う。

ワタシは今の職場で4年半働いているが、ワタシはこれで5人の人をお見送りしたことになる。
どの人も仕事ができて、頼りになる人ばかりだった。
そしてそんな人を、お見送りする度に自分ももっとしっかりしなければ。。。と思ったものだ。
が、実際はあんまり変わらなくて、あんまり成長もしていない。
子育て優先で仕事をしていると言い訳をして、ついつい楽をしてしまう。。。

そしてなんと!
気がついてみると、これでなんとワタシは古株No.2となってしまった。
何だか頼りないNo.2である。
別にそんなことは気にしなくていいのだが、やっぱり、もちょっとしっかりしないとなぁ。
イイ年なんだし、周りに頼ってばっかりじゃちょっとイカンなぁ。
改めて感じさせられたのだった。。。

とはいえ、彼女の新しい職場は取引先でもあるし、同じ地域に住んでいるのでまた会うこともあるかもしれない。あると思う。
まずは、新しい職場でがんばって下さい。

今日の早退確率

息子はほとんど毎朝自分の体調を自己分析する。

フル出場(一度も保健室に行かずに一日を過ごせる)確率 : ●●%
保健室で休みながら一日を過ごせる確率 : ●●%
早退する確率 : ●●%
さらに細かく、4時間目までもつ確率だの、2時間目までもつ確率まで発表してくれることもある。

さてその確率は当たっているのだろうか。。。考察。

40%や60%というビミョーな数値が多いため、当たっているといえば当たっている。
早退する確率を高めに出して出かけるときは、まあ確かにしんどそうなので、早退確率は高い。
学校へ行ってからほどなく保健室へ、そして昼まで保健室。。。なんて日もある。
どちらかというと、しんどい確率は当たりやすい。。。かな。

ビミョーな確率も多いが、私の心構えとして役に立つこともある。
きょうは仕事抑え目にしようかなとか、お迎えに行きやすいよう、後ろに人を乗せやすい自転車で仕事に行こうとか。。。

しかし、一方で確率を決めて行くのってどうなんだろう、と思ったりもする。
例えば、早退確率を高く設定してしまうと、気分的にしんどさが高くなったりしないだろうかとか。
「今日は確率高いし、これ以上無理だよなあ」 なんて自分で変なセーブをしたりしないだろうかとか。
これを読んでいる息子は逆に変な無理をするようにならないかとか。

そもそも、起立性低血圧とはだんだん元気になってくるのではないのか。。。?
昼すぎまでしんどいのは、どやのん?
別の原因があったりするのん?(これはお医者様と捜索中。。。)

やっぱり考えれば考えるほど、何が何だかわからなくなるのだ。
(-_-メ)

風邪

息子が風邪をひいた。
きっと私の風邪がうつってしまったのだろう。
私の風邪はたぶん、職場でもらったものだ。

今回の風邪はちょっとしつこい。
職場でひいていた人は、長い間咳が止まらず、
風邪の菌が原因かどうかは定かではないが、膀胱炎にまでなってしまった人もいた。

私も息子も外から帰ったときは、手洗いうがいはまめにする方だ。
おかげで、この2年間は特に大きな風邪引きやインフルエンザに悩まされずにすんでいる。

けど、やっぱりひいちゃうんだなあ。(-.-)

で、息子は低血圧と頭痛に加え、風邪にも苦しめられることとなった。

思えば、低血圧ならばあまりゴロゴロするなと注意するのに、
風邪となるとツライ時はゆっくり休ませなければならない。
風邪だからゆっくり休ませることにしているが、直りかけの時はさてどうしたものか。。。
(^_^;)

参観日って何?

二学期から娘の担任の先生は病気で休んでいる。今年度中は復帰できないらしい。
で、小学校は代わりの先生をずっと探していたのだが、参観日の数日前に代わりの先生がいらっしゃった。
大学を出たての若い男の先生らしい。

で、今回の参観日。
茶髪の今どきのワカモノって感じの先生は、きびきびと子どもたちに算数を教えている。
今日は直角について。
わら半紙を十字に折って、どこに直角があるか。。。三角定規の直角はどれか。。。
若いけれど、オドオドしてなくて子どもを教えるのはちょっと慣れている?って感じ。
勉強だけでなく、呼ばれたら返事するよう注意したりもしている。
子どもたちも熱心に授業を受けている。(参観日のせいもあるかもだけど。)

そして、私の周りではやはり新しい先生について他のお母様方がコメントを発表しあっている。
「いやぁ。チャパツやん。大丈夫なん?」
に代表されるように、見た目のコメント多数。

いつも思うのだが、授業なんて見てないんだろうな。。。っていう人はわりといる。
「とりあえず、来ましたの○をつけに来ました。」
って感じで授業には目もくれず、ひたすら廊下でおしゃべりしている人。
授業中なのに、子どもに話しかける人。

確かに一時間(というか45分)ずうっと子どもの授業を見ているのは、ツライときもあるかもしれない。立ってなきゃなんないし。
特に、ウチの小学校の参観は必ず5時間目にあるので、昼下がりで眠いときもあるかもしれない。
でも、月に1度くらい黙って子どもの授業を見るのもイイんじゃない?と思う。
直角はこうやって教えるのかぁとか。
授業がつまんなかったら、子どもウォッチングだ。あの子全然ヤル気なさそうとか。
ウチの子張り切ってるやんかー。とか。
親がうるさいから、子どもも先生の話聞かなくなるんだよっ。

私ってキビシイ?ガンコ?

一輪車

今週は娘の誕生日だったので、かねてから欲しがっていた一輪車を買ってあげた。
最近では幼稚園にも小学校にも一輪車があって、休み時間にはまたたく間になくなってしまうらしい。へぇ〜。
(・o・)(・o・)
幼稚園の時にはあまり積極的に一輪車で遊んではいなかった娘だが、小学校ではお友だちもすることもあって、結構乗っているようだ。
買ってもらった一輪車を持って、早速近くの公園へ。日頃の成果をおひろめしてくれた。
少ーし危なっかしいところもあったりするが、ちゃんと乗っている。
運動オンチな私には、うらやましいかぎりだ。
いいなぁ(*^_^*)。
一輪車に乗っているとバランス感覚がつくし、三半キカンも強くなるらしい。いいことではないですか♪
それにしても、一輪車に乗っている子って女の子ばかりだ。男の子って見かけない。なんでだろう。。
(・・?)(・・?)(・・?)

今日の息子。

今日は雨。
昨日はイイ天気で暑いくらいだったのに。
女心となんとやら。
変わりやすい天気に、人間の体調もちとおかしくなる。

きょうの息子はまたまた朝からテンションが0に近い。
息子に与えられた選択肢は次のとおり。

1 朝から頑張って2時間登校する。
2 3時間目あたりから登校する。
3 休む

私の希望は2ばんだったが、息子は1ばんを選択した。
息子は遅刻して行くことをとても嫌がる。目立つからなんだろうな。
だから、息子の選択は1ばんなのだ。
今さら目立つも何もないと思うんだけど。。。
朝一番に行けばフツーに教室に入れるし、しんどいときは堂々と保健室にも行けるし、早退もできる。
とてもとても控えめな息子には一番気が楽な方法なのだろう。

お医者さんには
「一日1時間でも2時間でもいいから、体調に関係なく時間を決めて毎日登校する方が体のリズムをつかみやすい」
というご意見をいただいているが、全く無視してしまっている。
元気なときは最後まで学校にいて、次の日休んだり早退したり。

何もしていないわけではなく頑張っているのだから、本人の意思を尊重してあげたい。
お医者さんの言うことも一理ある。

本人の意見と、お医者さんの意見と、私の考えと、ネットの情報と。。。
いろいろありすぎて、混乱しているのかもしれない。
とりあえず、お医者さんとはもう一度話をしないといけないな。

息子はバナナ?

今朝、朝食の時、テーブルの上にあるバナナを見て思った。

昨日、テレビでバナナをつるすグッズを見た。
バナナは横にして置いておくと、どんどん傷んでくる。
つるしておくと、バナナはどこにも触れないから傷みにくくなるらしい。

横にしておくと、どんどん弱っていって、起こしておくと弱らない。

これって、息子みたいだ。。。
夜、眠ってしまうと血圧が下がって弱っていき、朝起きて、起こしておくと少しずつ元気になってくる。
我ながら、ナイスな思いつきだと思って、息子に言ったら納得してくれた。
このナイスな(?)思いつきのせいで、(??)
今週は絶不調だった息子はちょこっとだけ元気になって、今日は学校へ行くことができた。
めでたしめでたし。

午前中で帰ってきたけどね。

秋。

何だか最近お腹がよくすく。
昼ごはんたくさん食べたのに、三時ごろになると何か食べたい!
夕飯もいつもはご飯を一膳しか食べないのに、おかわりしちゃう。

やっぱり今年も食欲の秋。。。?

秋といえば、やっぱりチョコレート。
スーパーにはずらりと秋の新作が並んでいる。
日曜日なんかに行くと、新製品の試食までできてうれしい。
私は、純粋に黒いチョコレートが好きなので、ついついホワイトものとかイチゴものは
後回しになってしまう。

そんな私なのに、今年はまだあまり新製品を食していない。
せいぜい2,3種類だ。。。
なぜだろう。

やっぱり歳なんだろうか。20代の頃は、毎日食後に必ずといっていいほどチョコを食していた。
食べないと何だか口さみしかった。
今は、まあチョコを開けると子ども達についつい分けてしまうし、そのせいか、
昔は板チョコ一枚ペロッとたいらげていたのに、今は半分で満足してしまうようになった。
「太る」
のが怖いので、知らず知らず自制心も働いているのかもしれない。
太るのを気にせず食べていた20代が少し懐かしい。

でも、あの桑田さんがCMしているチョコは全種類食べてみたいな。。。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »