« 今朝は。 | トップページ | 兄妹げんか »

お見舞いの意味

またまた息子の話。

長い間休んでいる息子に毎日のように学校でのお手紙を持ってきてくれる子がいます。普段から学校でも仲良くしている子たちです。

過去にはお見舞いに来てくれて、それで息子も元気になったこともありました。やっぱり友達ってありがたいなあと思ったものです。

だけどね。最近それが少しうっとおしくなってきました。

彼等は私に話をするのです。私がいると、息子には話しかけません。

息子は学校でもおとなしく、あまり話はしていないようです。家でも当然聞き役です。話しかけても反応がないから、だんだん彼らは話をふんふんと聞いてくれる私に話をするのです。私は、息子とコミュニケーションをとってもらいたいから、ちょっと話を聞いたらすぐにその場を去るようにしているのですが。

彼らも面倒にもなってきてるのかもしれません。毎日お見舞いに行っているのに、ちっとも息子は学校へ来ないのだから。

昨日は持ってきたプリントをベッドで横になっている息子に向かって放り投げました。ポストに手紙をぽんと入れるように。無言で。。。 そして私に話しかけてきました。何事もなかったように。。。 

ささいなことなのですが、私には少し、いえかなり悲しく思えました。ひとことくらい何か言ってくれてもいいのにさっ。

子どもにしてみると何も考えてないんだろうけどなあ。。。 

だんだん、お見舞いの意味もなくなってきたような気がします。お互いあまりイイこともないようなので、週1程度にしてもらおうかな。 そう言うと、もう来なくなるのかな。それで、息子と学校が少し遠のかなければいいのだけど。。。

でも、その時はその時。また何か考えることにします。

これは、私の気持ち。息子はなあんにも感想を言ってくれないので、どう思っているのかわかりません。ゲームやテレビの話ならいっぱいしてくれるのにね。

« 今朝は。 | トップページ | 兄妹げんか »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝は。 | トップページ | 兄妹げんか »